ククレブ社の不動産マッチングシステム(CCReB CREMa)開発に参画します

このエントリーをはてなブックマークに追加

レッジは、CRE戦略支援等を行うククレブ・アドバイザーズ株式会社の不動産テック開発第二弾となる「不動産マッチングシステム(CCReB CREMa(ククレブ クレマ、以下「CREMa」))」の開発に参画します。

CCReB CREMa(CRE Management System)について

CCReB CREMa(CRE Management System)は、すでに不動産業界内で普及している法人不動産情報のマッチングシステムにとどまらず、“利用者が継続利用できる仕組みの構築”を重視し、「使いやすく・シンプル」をモットーに、売買・賃貸・有効活用等の不動産ニーズへの効率的なマッチングを実現する仕組みです。

また、営業担当者がキャッチした法人営業におけるさまざまな不動産情報に対しても、自動的に情報をマッチングすることにより、提案機会を逃さない営業支援ツールとして、本年秋を目標に開発を推進します。具体的なサービスの内容については、今後ククレブ社のHPやメディアなどでリリースされる予定です。

ククレブ社は、このCREMaを、営業支援のマッチングツールとしてのみならず、蓄積された法人用不動産情報のデータを他社が持つ不動産に関する有益なデータと連携させて、法人用不動産に関する総合的な情報プラットフォームの確立も計画しています。

レッジの開発参画背景

レッジは、ククレブ社からリリース済みの「不動産売買動向等予測システム(CCReB AI)(特許出願済)」の開発にも参画しており、ククレブ社の実現したい不動産テックシステム・サービスを継続してサポートすることとなりました。

「CCReB AI」はすでにターゲットとする法人での導入がスタートし、ククレブ社のCREアドバイザリー事業に次ぐ、第二の柱として当初の予定通りローンチしています。

レッジは今後も、今回開発に参画するCREMaとともに、ククレブ社の主力事業である不動産テック事業の、スピード感を持った事業展開をサポートしていきます。