Chromeの効率を上げる絶対に覚えたいショートカットまとめ【Win・Mac対応】

このエントリーをはてなブックマークに追加


ども、ゆうせいです。ブラウザはGoogle Chromeを使い、ショートカットで効率よくインターネットを満喫しています。

キーボードショートカットを活用することで、無駄なマウス操作が減り、閲覧スピートが上がります。

そこで今回は、Google Chromeでの効率を上げるショートカットキーを、WindowsとMacの両方ご紹介したいと思います。

※Windowsは白のキー、Macは黒のキーをご覧ください。

基本のショートカット

まずは、なんといっても基本のショートカットから。

新しいタブを開く

タブバーの1番右をクリックする必要はありません。サクッと新しいタブが開きます。

【Win】
Ctrl + T

【Mac】
⌘ command + T

新しいウィンドウを開く

タブではなく、新しいウィンドウを開くときもショートカットで可能です。

【Win】
Ctrl + N

【Mac】
⌘ command + N

新しいウィンドウをシークレットモードで開く

自分の閲覧履歴や好みを除外(パーソナライズド検索を無効に)して、検索結果を表示させたいときや、履歴に保存したくないときなどに使うシークレットモード。

これもすぐに開くことができます。

【Win】
Ctrl + Shift + N

【Mac】
⌘ command + shift + N

タブを閉じる

タブの右にある✕ボタンを押さずに、サッと閉じられます。

【Win】
Ctrl + W

【Mac】
⌘ command + W

最近閉じたタブをもう一度開く(超便利です!)

間違って閉じてしまったタブを復活させるショートカットです。思わず、つい消してしまうことってありますよね?

そんな時は、慌てずに以下のキーで復活させましょう。

【Win】
Ctrl + Shift + T

【Mac】
⌘ command + shift + T

【ちょっと応用編】タブの移動もショートカットで

次のタブに移動する

いくつもタブを開いている時などによく使います。次のタブに移動します。

【Win】
Ctrl + Tab

【Mac】
control + tab

前のタブに移動する

同じく、いくつもタブを開いている時に。開いているタブの1つ前に移動します。

【Win】
Ctrl + Shift + Tab

【Mac】
control + shift + tab

タブバー上の1番目から8番目のタブに切り替える

左から1、2、3と数えて、8番目までのタブは一発で切り替えることができます。

【Win】
Ctrl + 1 ~ 8

【Mac】
⌘ command + 1 ~ 8

最後のタブに切り替える

いくつ(9個以上)タブを開いていても、最後のタブに切り替わります。

【Win】
Ctrl + 9

【Mac】
⌘ command + 9

【応用編】Chromeの機能やオプションにアクセス

「履歴」ページを開く

履歴の一覧もサクッと開くことができます。午前中に見てたサイトは何だったかな〜みたいなときに重宝します。

【Win】
Ctrl + H

【Mac】
⌘ command + Y

「閲覧履歴データを消去する」ダイアログを開く

履歴データを削除したいとき、それは…。とにかく素早く消したいときはありますよね。設定画面のどこだっけ?なんて言ってる余裕はありません。すぐにダイアログを開きましょう。

【Win】
Ctrl + Shift + Delete

【Mac】
⌘ command + shift + delete

現在のページのソースを開く

いま見ているページのソースを確認したいときも、ショートカットですぐです。

【Win】
Ctrl + U

【Mac】
⌘ command + option + U

デベロッパーツールを開く

開発者向けですね。

【Win】
Ctrl + Shift + I

【Mac】
⌘ command + option + I

スーパーリロード(キャッシュを使わずに再読み込み)

通常の再読み込みではなく、キャッシュを使わずに読み込ませるときに使います。

【Win】
Ctrl + Shift + R

【Mac】
⌘ command + shift + R

ネットの閲覧はもっと効率化できる

Chromeでの効率を上げるショートカットを、WindowsとMacの両方でご紹介しました。

ネットを閲覧するとき、ほとんどマウスでキーボードは名前や検索ワードを入力するときにしか使わないと思っていませんでしたか?

ショートカットを使うことで、もっと便利になりますよ。ぜひ使ってみてください。

それではまた。
ご存知、ゆうせいでした。