腕時計のシチズン、ユーザーの好みに合った製品をAIが理由付きでオススメするサービス開始 約700製品が対象

このエントリーをはてなブックマークに追加


株式会社エクサウィザーズは7月7日、シチズン時計株式会社と共同開発した「AIウオッチレコメンド」サービスを開始したと発表した。

AIウオッチレコメンドは、ファッションや腕時計の好みに関する質問などに回答すると、AIが分析しシチズン製品約700モデルの中からユーザーにレコメンドを表示するサービスだ。

>> AIウオッチレコメンド
>> プレスリリース

オススメを提案した「理由」も教えてくれる

AIウオッチレコメンドは、専用サイトにアクセスすると利用可能だ。ファッションやライフスタイル、価値観、興味関心といった好みに関する質問を回答するだけで、その結果をもとにAIがファッションタイプや好みを分析する。その分析結果から、シチズン製品約700モデルのうち、ユーザーに適した腕時計を数モデル提案(=レコメンド)してくれる。

プレスリリースによれば、エクサウィザーズとシチズン時計は満足度のより高いサービスを目指したという。そこでAIウオッチレコメンドには、なぜこの商品がオススメなのか、理由にくわえてユーザーに合わせた提案が盛り込まれている。

レコメンドが対象となるブランドは、ザ・シチズン、エコ・ドライブ ワン、サテライトウエーブGPS、エクシード、アテッサ、クロスシー、プロマスター、シチズン エル、エコ・ドライブBluetooth、キー、シチズンコレクション、エコ・ドライブ リィイバー、カンパノラ、ウィッカの全14ブランド。およそ700モデルが対処だ。
対象のブランド例

AIウオッチレコメンドを使うことで、潜在的に「時計を購入したいものの、自分に合った時計がわからなかったり、じっくり検討したかったりする」などの層が抱える悩みの解消につなげられる。これは、昨今の新型コロナウイルスによる影響で実店舗に行きづらい情勢でも、オンライン上で製品を提案してくれる新たな接客スタイルのひとつだろう。

また、同プレスリリースでは、今後はAIウオッチレコメンドサービスで自分の欲しい腕時計を探し、百貨店や家電量販店、時計専門店といった取扱店もしくはオンラインストアなどの購入先の紹介や、シチズン公式オンラインストアで購入できるようなサービス開発も目指すと述べられている。

>> AIウオッチレコメンド
>> プレスリリース

ユーザーの好みに合わせてAIが提案 日本酒にも活用

シチズンの取り組みのように、AIがユーザーを分析し、そのユーザーに合った商品を提案するサービスはさまざまな領域で活用が始まっている。

株式会社サケアイは2020年5月1日、飲んだ日本酒をもとに利用者に合う日本酒をオススメするモバイル端末アプリ「Sakeai(サケアイ)」をiOS向けに提供開始した(Google Playは年内公開予定)。

日本酒の銘柄は1万種類以上あるといわれ、その中から自分の好みに合う日本酒を探すことは難しく、まだ知られていない日本酒は数多く存在するという。

そこでSakeaiでは、アプリの利用者が飲んだ酒を記録し、その記録をもとにAIが利用者1人ひとりに合った日本酒をオススメする。さらには、新潟県限定ではあるものの、該当の日本酒の取扱店を表示する機能も備える。

なお、公式サイトによると取扱店は新潟県内のみとのことだ。