コージェントラボがシリーズBの第三者割当増資。既存サービス強化、新規サービス開発を加速

このエントリーをはてなブックマークに追加

Tegaki」「Kaidoku」「TSF」などのAIサービスを提供するコージェントラボが、国内外の企業からシリーズBラウンドの第三者割当増資を行ったことを発表しました。これにより、既存サービスの強化、新サービスの開発を加速するとしています。

AIサービスが続々とリリースされていますが、実際の業務で使えるサービスはまだ多くありません。そんな中、現場で使えるAIサービスを提供するコージェントラボの資金調達は大きな意味を持ちます。

国内外の企業が引受先に

第三者割当増資の引受先は以下。コージェントラボのシリーズAの投資家でもあるSBIインベストメント社による追加投資も含みます。

  • SBIインベストメント株式会社
  • 京都電子計算株式会社
  • TIS株式会社
  • 野村ホールディングス株式会社
  • 株式会社みずほ銀行
  • 三井住友信託銀行株式会社
  • 著名個人投資家

引受先企業のコメントも寄せられています。

――京都電子計算株式会社 代表取締役社長 山本 忠道氏
「京都電子計算株式会社は、この度のコージェントラボの第三者割当増資に出資する運びとなりました。

今回の第三者割当増資に伴い経営基盤をより安定させると共に、現在取り組まれている事業が一層加速されることを歓迎します。またコージェントラボとは、今回、業務提携契約を新に締結しました。

今後、両社のさらなる緊密な協業により、コージェントラボが持つ最新のAIテクノロジーが 京都電子計算株式会社の取り組む『Cloud PARK』事業により新たなソリューションとして創造され、企業・社会におけるイノベーションが進展する事を期待します」

――TIS株式会社 常務執行役員 AIサービス事業部長 小竹 裕之氏
「TISでは、AIを社会に役立て、ビジネスを活性化、推進することを目的として『AI特化コーポレートベンチャーキャピタル』を設置しています。

コージェントラボのグローバルな視点を持った人材やAI – OCR分野などで先行するサービスを活用した、新たなビジネスエコシステムを築き共に事業発展することを期待しています」

――株式会社みずほ銀行 専務執行役員 山田 大介氏
「コージェントラボと協働することで、金融機関が抱える大量の手書き帳票の認識を実現させることができ、業務効率化の推進に大きく寄与しています。

同社の有するAIに関する高い研究開発力により、今後も協働で難易度の高い課題の解決が期待できることは勿論、今後のさらなる成長性にも大きく期待し、出資させていただくこととしました。金融を大きく変えるイノベーションの核となるべく、みずほもコージェントラボと共に挑戦していきたいと思います」

――三井住友信託銀行(株)取締役常務執行役員 田中 茂樹氏
「『Tegaki』『Kaidoku』『TSF』に加えて、先端的分野の研究に基づく実用的な新規サービスの開発など、コージェントラボの将来性に大いに期待しています。

今回の出資を機に、コージェントラボの高い技術力とAIサービスによって、弊社の銀行・信託・不動産機能を活用した商品・サービスに一層磨きを掛けることができると考えており、コージェントラボと共にお客さまの課題解決に向けたトータルソリューション提供を進化させていきたいと思います」

資金調達の目的は新サービス開発と既存サービスの拡充

資金調達の目的は、既存サービスの拡充新サービスの開発の2点。既存サービスを強化しつつ、次の成長につながるようなサービスを開発していきます。

Tegaki – 手書き文字をデータ化するAI-OCR


サービス概要
手書き書類をスキャンして取り込むだけで簡単にデータ化して保存ができる手書きOCRサービス。これまで自動認識が難しかった手書き文字を高速・高精度に読み取ることが可能。各種申込書類やアンケートをはじめ医療機関での問診票など様々な手書き書類の読み取りに対応。最近では、株式会社セールスフォース・ドットコムのAppExchangeで同社のCRMサービスとシームレスに連携して利用できるサービスをリリース。また、スキャナーやPC、携帯やタブレットなどのエッジデバイスでのOEM向けオンプレミスサービス提供も始め、さらに広いユーザー層に利用可能に。


資金使途
金融機関や自治体における様々な帳票のデータ入力にかかる工数を削減するため、機能を強化。大規模案件におけるシステムインテグレーションパッケージを充実させるなど、サービスラインナップを拡充する。
Kaidoku – 自然言語文章理解・分析


サービス概要
文章を文脈に応じて理解し、言語情報を意味に基づいて正確に構造化、分析するサービス。文書の理解に留まらず、傾向や因果関係の理解に必要不可欠な時系列情報も取り入れ、特定の言語に依存しない。単語ではなく文章の意味に基づき、迅速かつ的確に必要な情報を探し当てせるため、今まで情報検索や情報分析にかかっていた時間を大幅に削減可能。Kaidokuにより、市場動向の把握に要する時間を短縮でき、ある業務では調査の時間を1時間から5分程度に短縮できる可能性を野村ホールディングス社とのPoCで発見している。


資金使途
複数の使途に応じたサービス開発を推進。特に昨年来より進めているニュース分析サービスの商業化を推し進めるほか、コンプライアンスのためのサービスパッケージを開発する。
TSF – 時系列データ予測


サービス概要
様々な市場の時系列データを同時に処理・分析し、正確な予測を行うサービス。今までの統計的手法では得ることができなかった新たな知見や、短期的・長期的なパターンを検出することが可能。すでに株式の取引高予測サービスを大和証券株式会社が利用中。


資金使途
金融市場における様々な指数への応用のほか、金融にとどまらない領域における応用事例の開発を進める。

2019年に入り相次ぐAIベンチャーの資金調達

2019年に入ってから、

  • 1月8日 – LegalForce(AI × 契約書レビュー)
  • 1月15日 – hokan(AI × 保険営業支援)
  • 1月28日 – シナモン(AI × OCR)
  • 1月28日 – EAGLYS(AI × 秘密計算)

と、AIベンチャーの資金調達が相次ぎ、ブーストをかけ始めています。

2019年、AIは新しい技術ではなく一層「当たり前」の技術になる。その旗手としてAIベンチャーを応援せずにはいられません。

Ledge.aiはAI関連のプレスリリースを絶賛受け付けています。サイト上部の【情報提供はこちら】からどしどしお寄せください。