サイバーエージェント、AI事業本部を発足。AI活用のデジタル広告事業を強化し、新規AI事業の開発を加速

このエントリーをはてなブックマークに追加

サイバーエージェントは、AIを活用したデジタル広告事業開発の強化ならびに新たなAI事業の創出を目的とし、専門部署となるAI事業本部を2019年9月2日に発足した。

AI事業本部の責任者として同社取締役の内藤貴仁氏が就任する。

内藤貴仁
株式会社サイバーエージェント 取締役
AI・広告テクノロジー・クリエイティブ管轄

1977年生まれ。2001年 株式会社サイバーエージェント入社。2010年に広告事業の統括本部長を経て、同年、取締役就任。現在はアドテクノロジーとAIの研究・開発を担うAI関連事業と、オペレーション事業・クリエイティブ事業を統括。2018年に取締役に就任。

専門部署設立でAIを活用した新事業創出を加速

サイバーエージェントは、これまでもデジタル広告市場の成長に伴い、AI技術の研究・開発をおこなう組織「AI Lab」を設立し、

  • AIによる多種多様なクリエイティブの制作支援
  • AIを用いた広告配信における予測・最適化
  • 3DCGを用いた高品質なブランディング動画の制作

などの研究開発に取り組んできた。

関連記事:電通、サイバーエージェントが広告クリエイティブの効果を予測するツールを相次ぎ発表

今回、専門部署を発足することで、今後もリテールテック領域やコールセンター業界におけるAI活用のさらなる加速を目指すとともに、AIを活用した新たな事業を創出していくという。

AI事業本部では、以下5つの領域を中心に事業開発に取り組む。

  • アドテクノロジー
  • リテールテック
  • AIクリエイティブ
  • AIコールセンター
  • 新規事業

また、新たに「Data Science Center」を新設。データサイエンスに関わる技術者を横断組織へ集約することで、各サービスにおける開発効率ならびに精度強化を図る。また、AI技術を用いてビジネス課題の解決を行うAI人材の採用・育成の強化に取り組むという。

同社「AI Lab」ではさまざまなAI分野において研究開発を進めるため、現在は15の大学・機関と産学連携を行っている。新規AI事業の機会創出にともない、新たな研究領域にも積極的に取り組み、学術的発展と産業的貢献を目指す。

Source:AIを活用したデジタル広告事業の強化・新規AI事業の開発を目的に、AI事業本部を発足