サイバーエージェント、AIで店舗の無人化を支援する子会社「CA無人店舗」設立 AI接客アルバイターを派遣

このエントリーをはてなブックマークに追加


画像はAIアルバイターイメージ

株式会社サイバーエージェントは12月14日、小売点向けにAI技術を活用した無人店舗ソリューションの提供・開発、および販促を支援する新子会社「株式会社CA無人店舗」を11月19日に設立したと発表した。

少子高齢化による労働力不足や新型コロナウイルスの影響を受け、コンビニ・スーパーなどの小売業においては、「マイクロマーケット」と呼ばれるオフィス内や病院など小さな商圏での出店や小型店舗の多店舗展開の必要性が高まり、無人店舗の展開が加速している。

海外ではすでにAmazonやウォルマートなどが無人店舗の取り組みを開始しており、国内においてもすでに駅構内の店舗やオフィス内の店舗などで実証実験が実施されている。

このような背景のもと、サイバーエージェントは小売業向けに無人店舗の新規出店から、有人店舗の無人化、販促および広告事業立ち上げサポートまで一連の無人店舗ソリューションを提供・開発する子会社を設立した。

CA無人店舗では、無人店舗に必要なAIカメラやサイネージ、無人決済レジシステムなどのAI機器調達や店内レイアウト設計、売上を最大化するためのデータ分析やAIを活用した販促オペレーション構築と店舗のメディア化、同社独自サービスとなるバーチャルヒューマンやロボットが接客する「AI接客アルバイター」の派遣など、無人店舗運営を丸ごと支援する。

サイバーエージェントがこれまで広告事業で培ってきたデータを活用した販促支援および、広告事業立ち上げをサポートすることで、小売企業の収益拡大に貢献する方針だ。

──株式会社CA無人店舗 取締役 平川 義修氏

「私はサイバーエージェントに入社以来、18年間一貫してインターネット広告のオペレーション運用に携わって参りました。小売DX及び無人店舗ソリューションの分野は、インターネット広告の運用同様に最新の機器やソリューションを導入しただけで満足する事なく、あくまで1つの手段として捉え日々泥臭く運用をする事が成功への第一歩だと考えています。

旧来の勘や経験に頼った店舗運営から脱却し、サイバーエージェントグループのAI事業分野におけるアセットに加えて、今まで培ってきた運用~改善力を高速サイクルで回す事でデータドリブンに店舗をアップスケールさせていきたいと考えております。お客様と一緒に新しい事にどんどんチャレンジしていきたいと考えておりますので宜しくお願い致します」

>>ニュースリリース