Kaggle Masterはどのようにスキルアップしているのか:Da-nce Conferenceセッション紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社レッジは、データサイエンティスト向けのオンラインイベント「Da-nce Conference(ダンス カンファレンス)」を2020年12月21日(月)から開催いたします。

Da-nce Conferenceは、日本国内のすべてのデータサイエンティストを対象として、「最先端で活躍するデータサイエンティストたちの学習法や知見」「日本国内におけるデータサイエンスの必要性」などを、業界のトップランナーたちによるセッションでお楽しみいただけるイベントです。参加費は無料です。

本稿では、株式会社RistによるDa-nce Conferenceで公開するセッションを紹介いたします。

Kaggle Masterに学ぶ
データサイエンティストのキャリアとスキルアップの要諦

登壇者紹介

株式会社Rist
Kaggle Master
三舩 哲史氏

2020年2月Rist入社。前職ではシステム開発に従事する傍ら、様々なデータ分析コンペティションに出場。
2019年にSIGNATEコンペティション「飯田産業 土地の販売価格の推定」で準優勝。
またデータ解析・アルゴリズムソリューション・システム開発を行うatma株式会社が主催するCA×atmaCupにて優勝。
現在はデータ分析サービスDeep Analyticsにて予測モデルの開発などを行っている。

株式会社Rist
データ分析事業オーナー
勝 啓太朗氏

株式会社USENにて情報システムの企画、開発業務に従事した後、
2012年京セラコミュニケーションシステム株式会社(以下、KCCS)入社。
デジタルマーケティングプラットフォームの企画やデータ分析、データ活用に携わる。
2020年3月よりRistにて企画として製造業向けの外観検査やデータ分析事業を担当。

セッション紹介

世界中のデータサイエンティストが腕を競い合うコンペティションプラットフォームKaggle。

株式会社Ristには、Kaggleの上位ランクの照合である「Kaggle Master」を持つメンバーが多数在籍しています。そんな同社では、データサイエンティストがどんな業務に取り組み、日々どのようにスキルアップをしているのでしょうか。実例に基づきつつお話を聞きます。

随時登壇者やセッション内容を告知予定 事前申し込みはメールアドレスで

Da-nce Conferenceに登壇いただく方やそのセッション内容などは、今後順次公開してまいります。また、現在、Da-nce Conferenceへの事前申し込みも受け付け中です。お申し込みはメールアドレスのみで完了します。お申し込みいただいた方には、講演情報なども順次案内させていただきます。

お申し込みにあたっては、Da-nce Conference特設サイトのフォームよりお申し込みくださいませ。