DXやデータサイエンス、内製化するにはどうする?:Da-nce Conferenceセッション紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社レッジは、データサイエンティスト向けのオンラインイベント「Da-nce Conference(ダンス カンファレンス)」を2020年12月21日(月)から開催いたします。

Da-nce Conferenceは、日本国内のすべてのデータサイエンティストを対象として、「最先端で活躍するデータサイエンティストたちの学習法や知見」「日本国内におけるデータサイエンスの必要性」などを、業界のトップランナーたちによるセッションでお楽しみいただけるイベントです。参加費は無料です。

本稿では、株式会社STANDARDによるDa-nce Conferenceで公開するセッションを紹介いたします。

データサイエンスやDXを
内製化するには

登壇者紹介

株式会社STANDARD
代表取締役CEO
石井 大智氏


早稲田大学 創造理工学部 経営システム工学科にて、製造業における生産ライン効率化のためのデータ分析を学ぶ。その後複数のベンチャー企業にて、AIエンジニアとしてDeep Learningを用いた医療系の画像認識AIの開発業務に従事。
AIエンジニアとして活動する中、AIを利活用できる人材の不足が深刻であることを痛感し、法人向けにAI人材の育成や採用に関するサービスを提供する株式会社STANDARDを設立。サービス提供から1年半で200社以上に採用される傍、教育・採用の枠を超え企業のDXをトータルで支援するサービスを展開。

セッション紹介

事業の中・長期戦略に基づき、データを活用したDX推進や開発を進めるには、データサイエンスをはじめとするあらゆる知見を必要とします。しかし、外部のベンダーに丸投げ依頼をして、プロジェクトが頓挫してしまうケースはここ数年で多く存在していました。
では、データを適切に活用し、内製化を正しい方向に進めるには何に気をつけるべきなのでしょうか。また、人材教育・課題発見・事業開発などプロジェクトの障壁をどうすれば乗り越えらえるのでしょうか。数々のDXの内製化を支援するSTANDARDに詳しく聞いていきます。

随時登壇者やセッション内容を告知予定 事前申し込みはメールアドレスで

Da-nce Conferenceに登壇いただく方やそのセッション内容などは、今後順次公開してまいります。また、現在、Da-nce Conferenceへの事前申し込みも受け付け中です。お申し込みはメールアドレスのみで完了します。お申し込みいただいた方には、講演情報なども順次案内させていただきます。

お申し込みにあたっては、Da-nce Conference特設サイトのフォームよりお申し込みくださいませ。