AIがアニメを高解像度に変換 HDは4Kに、フルHDは8Kに

このエントリーをはてなブックマークに追加


株式会社ラディウス・ファイブはAIによってアニメーションを高解像度に変換できるサービス「AnimeRefiner」の開始を発表した。独自のAIモデルによって、アニメを縦横4倍のサイズに高解像度化できる。

アニメ『ミルキーパニック -twelve-』©TOMASON upconverted by RADIUS5 Inc.

>>「AnimeRefiner

ラディウス・ファイブといえば、AIの特性と人(絵師)の特性を活かしたハイブリッドな全身イラスト制作サービス「彩ちゃん+」などを提供している会社だ。

ノイズ除去、ぼやけ鮮明化などに対応

AnimeRefinerはDeep learning(深層学習)を活用することで、従来の画像を引き伸ばして中間を補間する変換(アップコンバート)技術では不可能だった高品質な状態での高解像度化が可能だ。

HDサイズのアニメなら4Kサイズ以上に、またフルHDのアニメなら8Kサイズにまで変換できる。また、ラディウス・ファイブの担当者に「4Kや8Kは、ネイティブな4Kになるのか」と問い合わせたところ

「低解像度の映像から高解像度の映像をAIが推定して生成しています。そのため、疑似ではなくリアル4K、8Kの映像となります。また、その過程でさまざまなノイズを除去しているので高精度かつきれいな映像を創りだしています」

と回答を得られた。

プレスリリースでは「低解像度な動画と高解像度な動画の特徴を大量に学習したAIは、これまでの技術とは比較にならないほど美しくアニメを高解像度化することができます」とうたっている。

主な特徴については以下の動画と画像で実際に見てほしい。

さまざまな種類のノイズを除去


©TOMASON upconverted by RADIUS5 Inc.

アップコンバートによる映像のぼやけを鮮明化


©TOMASON upconverted by RADIUS5 Inc.

陰影もキレイに


©TOMASON upconverted by RADIUS5 Inc.

膨大な予算と時間がかかる4K化

4Kテレビなどの普及にともない、4Kコンテンツへのニーズが高まっている。しかし、4Kコンテンツを制作するには、撮影・制作機器などが4Kへの対応必須で、膨大な投資を求められる。そのため、動画配信サービスなどでは、4Kコンテンツがいまだに不足している現状があるそうだ。多くのコンテンツがフルHDサイズのままだったり、実際の4K品質とは異なる“4K相当”に変換されたりした映像を視聴しているという。

とくに、アニメにおいて4K制作をするためには、主流であるフルHD(1920×1080)の4倍サイズ(3840×2160)での制作が必要だ。つまり描くサイズが4倍になるため、制作コストや工数をさらに圧迫する。同様に、過去のアニメタイトルに関しても、本来の4K品質にリマスターするには、膨大な予算と時間を必要とする。

AnimeRefinerであれば、過去のアニメタイトルを4Kテレビ用に高解像度化できる。今後制作するアニメタイトルにおいても4K・8Kサイズのコンテンツ制作にかかる現場の負担を低減可能だそうだ。

コンテンツホルダー向けに無料体験キャンペーンを実施

ラディウス・ファイブは新サービスリリースを記念して、高解像度化を希望するコンテンツホルダーを対象に先着10作品限定で「Anime Refiner」無料体験キャンペーンを実施する。

募集期間:2020年2月19日~2020年3月31日 ※限定10作品
申込方法:WEBページの問い合わせフォーム(https://animerefiner.com)よりご連絡ください。
※無料キャンペーンには適用条件がございます。詳しくはお問い合わせフォームをご確認ください。

>>株式会社ラディウス・ファイブ