電通、クリエイターのノウハウを搭載した自動生成AIを公開

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社電通と、株式会社電通デジタル、株式会社電通国際情報サービス、データアーティスト株式会社の3社は、広告から販促、広報、問い合わせ対応などさまざまなクリエイティブ表現を自動生成するAIツールを企業ニーズに応じてカスタマイズで構築するサービス「CXAI(シーエックスエーアイ」の共同提供を5月18日開始した。

>>プレスリリース

クオリティ高い制作物を手軽に製作可能

近年、企業のマーケティングや事業戦略において、顧客満足度を向上させる顧客視点のCX設計の重要性が増している。その設計は広告のみならず、SNSやウェブサイト、問い合わせ窓口まで、あらゆる顧客接点に及ぶ。しかし、多様な接点でのあらゆるニーズに応えるために、大量のパターンの制作物や情報収集が必要になるなどコストや工数が増加すること、その表現が効果的なのか事前に分からないことがCX設計における大きな課題となっている。

「CXAI」は、国内電通グループが数年にわたり開発・自社運用してきた複数の「クリエイティブ分析・自動生成ツール」で活用されている15種類以上のAIから、企業ニーズに応じた機能を組み合わせてオリジナルAIツールとして提供する。

これにより、企業はAIをアルゴリズムから開発することなく、企業活動におけるさまざまな制作物の表現開発を自動・半自動化することが可能になる。また「CXAI」で使われるAIは、国内電通グループが制作してきた大量のクリエイティブ表現やその効果(=クリエイターのノウハウ)を学習しているため、よりクオリティーの高い制作物を手軽に内製でつくることが可能になる。

導入のメリットとして、プレスリリースでは以下が挙げられている。

  1. 国内電通グループのクリエイティブノウハウを生かしたAIで、制作物のクオリティー向上
  2. 多パターン制作、パーソナライズを可能にし、マーケティング効果・精度を向上
  3. 自動化・ツール化により、生産性を向上・コスト削減。ノウハウを形式化することで人材流動性にも貢献
  4. 既存AIの組み合わせにより、類似の生成システムをゼロから開発するよりも構築コスト・運用コストを低減

電通のノウハウを積み重ねたツール郡

電通グループ内で運用されてきた「クリエイティブ分析・自動生成ツール」を、Ledge.aiでは過去にたびたび取材してきた。今回発表されたCXAIでは、それらのノウハウを統合し、企業はニーズにあったツールを使うことができる。

CXAIの開発経緯については、同ツールの開発を主導した電通国際情報サービスの児玉拓也氏が投稿している以下の記事が詳しい。

そして、CXAIについて同氏をお招きしてアレコレ聞くウェビナーを明日5月21日(金)16時〜YouTube Liveにて開催する予定だ。登録は不要なので、ぜひ以下から視聴を。