電通、予測視聴率にあわせた広告枠の最適化目指す 量子コンピュータ活用で

このエントリーをはてなブックマークに追加

画像は電通 公式サイトより

株式会社電通は11月2日、量子コンピュータを活用したテレビ広告プランニングに向けて、株式会社エー・スター・クォンタム(AQ社)と業務提携契約を締結したと発表。テレビ広告枠の最適化と運用の高速化により、新たなマーケティングソリューションの開発・実装を目指すという。なお、株式会社電通グループがAQ社に資本提携を実施している。

AQ社は2018年の創業以来、とくに物流分野、広告分野の組み合わせ最適化問題を解くための研究開発を手がけている。方式の違う2つの量子コンピュータで起動するソフトウェア開発をすることで、顧客企業の目的に沿った開発・実装を目指しているという。

電通はテレビ広告価値向上に向けた取り組みとして、多様なマーケティングデータによって広告主の購入した広告枠を最適運用する仕組みを開発してきた。しかし、従来の計算プログラムでは、数週間から数カ月にわたるキャンペーン広告枠の無数の組み合わせパターンのなかから、最適な組み合わせを探索するため、膨大な計算時間がかかっていたとのこと。

今回の業務提携では、AQ社と共同で、量子コンピュータを使ったテレビ広告枠の組み合わせ最適解を導き出すソフトウェアを開発する。複数キャンペーンの広告枠の膨大な組み合わせパターンのなかから、より効率的なパターンを高速で導き出すことで、工数を大幅に圧縮。日ごと変化するマーケティング指標やターゲット予測視聴率に合わせ、効率的な広告枠運用を目指すとしている。

>>ニュースリリース

キユーピー、熟練でも30分かかるシフト表の作成を1秒に 量子コンピュータ活用で

近年、さまざまな企業が量子コンピューティング技術の活用に乗り出している。

最近でも、キユーピー株式会社は惣菜工場において、量子コンピューティング技術を活用し、製造サインのシフト最適化プロジェクトを開始した。

サービス開発元の株式会社グルーヴノーツは、イジングマシンを活用し、業務上のさまざまな組合せ最適化問題を解くモデル(イジングモデル)やアプリケーションを開発し、「MAGELLAN BLOCKS」として提供している。そこで、キユーピーはグルーヴノーツを最適生産体制の実現に向けたテクノロジーパートナーに迎え、本プロジェクトを開始するにいたった。

これまでキユーピーとグルーヴノーツが実施した実証実験では、「MAGELLAN BLOCKS」のイジングモデルでシフトを作成したところ、熟練のシフト作成者が30分かけて作成したシフト表と比べて、遜色なく実運用で使える結果をわずか1秒ではじき出したとしている。

そのほか、気になる人は以下の記事をチェックしてほしい。