Googleの無料サービス「Dialogflow」ノーコードで名前を反映するチャットボットを作ってみた

このエントリーをはてなブックマークに追加

DialogflowはGoogleが無料で提供している、簡単にチャットボットを作成できるサービスです。今回はDialogflowを使って、少し複雑な会話ができるAIを作りたいと思います。



まずは、返事に名前を聞くフレーズを追加し、「SAVE」をクリックします。なお、単純な挨拶の設定については以前ご紹介しました。詳しくは以下の記事をチェックしてください。

SAVEが完了したら、Intentsの一覧画面に戻ります。「First」という文字の右にある「Add follow-up intent」という文字をクリックします。この設定をすることで、会話の続きを追加できます。さまざまな種類のテンプレートがありますが、今回はcustomを選択します。

Firstの下に「First-custom」が追加されたらクリックします。

ここで、名前を入力するのですが、名前は人によって違うので、変数として扱います。

まず、「Training Phrases」に適当な名前を追加します。その後名前の部分をダブルクリックすると、変数の種類を選択できます。メールアドレスや数字など多くの種類がありますが、今回は「any」を選択します。



「Text Response」に返答を追加します。上で「any」という変数として設定した名前は、ここで「$any」として扱います。

SAVEが終了したら、実際に試してみましょう。まずは「はじめまして」と入力して、Firstインテントに入ります。

返答には設定に使ったものとは違う「山田」を入力してみます。

聞き取った名前を使って会話ができました。

最後に

今回はDialogflowを使い、少し複雑な会話ができるボットを作成しました。Intentsを追加するとさらに会話を続けることもできるので、ぜひ試してみてください。