Googleの無料サービス「Dialogflow」ノーコードで占いをするLINEチャットボットを作ってみた

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はDialogflowを使って、星座占いをしてくれるLINEのチャットボットを作りたいと思います。

まずは、新しくオリジナルのEntityを作ります。左の欄から「Entities」を選択します。

「CREATE ENTITY」をクリックします。

「Entity name」には名前を入力し、「Click here to edit entity」に内容を入力します。

入力欄についてですが、右側の四角で囲まれている言葉が左側の値として認識されます。この場合は、「おひつじ座」と「おひつじ」のどちらでも認識されます。このように、返答されるパターンが複数想定される場合には、自分でEntityを作ることがおすすめです。

このようにすべてのパターンを入力できたら「SAVE」をクリックします。次に新しいIntentを作ります。

Training phrasesには「占いして」、Responsesには「あなたの星座は?」と入力します。そしてfollow-up intentを作ります。

Training phrsesでEntityを設定する際に、検索すると作成したEntityが表示されます。

Responsesには4種類設定します。複数選択することで、この中からランダムで返事が返ってきます。
実際に試してみます。

見事、占いができました。

最後に

今回はDialogflowを使って占いをするLINEのチャットボットを作成してみました。技術的にはオリジナルのEntityの作り方を紹介しました。これまでに紹介した内容もたくさん使ったので、思い出しながら作ると良い学習になると思いますので、ぜひ試してみてください。