大日本印刷とAI inside、ノーコードで簡単にAIモデルを開発できる支援サービス 数ヵ月かかる開発が30日に

このエントリーをはてなブックマークに追加

大日本印刷株式会社(DNP)とAI inside 株式会社は4月21日、ノーコードで誰でも簡単にAIモデルを開発できるとうたう「Learning Center」を用いたAI活用支援サービスを提供開始した。

本サービスは直感的な操作で使いやすい日本語のUIを備え、ノーコードで誰でも簡単に高精度なAIモデル開発ができるとうたうAI insideによる「Learning Center」を活用している。DNPはAIの導入を希望する企業や自治体に対し、「Learning Center」の販売および活用に関するプランニングを手がける。

DNPは企業の課題やAI活用のアイデアを発見し、高精度なAI生成に必要な関連情報のデータへの付与をアウトソーシングする「アノテーションBPO」や、業務改革(Business Process Re-engineering:BPR)、データ収集・保管などの周辺サービスなどもあわせて提供する。

DNPとAI insideが開催したワークショップでは、DNPで製造するICカードの出荷時のホログラム外観検査用AIを開発した。開発には通常数カ月要するところ、製造現場のスタッフが「Learning Center」を利用した結果、企画・学習用データセットの作成・AI開発・精度検証を30日で実施できたという。開発に使用した画像データは約100枚と少量にもかかわらず、約90%の精度を実現したとのこと。今後、画像データを追加し、さらに精度を向上するとうたう。

DNPとAI insideは本サービスを提供することで、利用者は簡単にAIモデルを開発・検証できるため、AI活用による課題の解決や付加価値の提供をスピーディーに実現するとしている。今後、DNPは本サービスの提供を通じて得られたユーザーニーズを参考に、より汎用的なAI活用の新しいサービスやパッケージソリューションを企画開発予定という。

大日本印刷株式会社 常務執行役員の沼野芳樹氏は「これまでDNPはP&I(印刷と情報)の強みを活かし、さまざまな顧客接点に価値を提供してきました。そして今、企業の皆様やその先の生活者のCXを最大化することを目指しています。CXに欠かせないのがDXです。そのDXで特に重要なテクノロジーがAIです。今回発表の『Learning Center』は、誰もが身近で簡単にAIを活用できる世界を実現します。DNPはこのサービスを通じて、新しい価値をお客様にお届けします」とコメントする。

AI inside 株式会社 代表取締役社長CEOの渡久地択氏は「AI insideはAIプラットフォームの提供を通じて、誰もがAIを作れる、そして作ったAIを社会で共有できる、そんな世界を目指しています。ノーコードで誰でもAIが作れる『Learning Center』は、その世界を実現させるものです。DNP社との強固なパートナーシップのもと、『Learning Center』を活用したサービスの共同提供により、ますますAIの社会実装を推進し、世の中の課題解決・業務効率化に寄与して参ります」と述べている。

>>ニュースリリース