ドコモ、AIで試合のハイライト動画を自動作成 3人制バスケリーグに

このエントリーをはてなブックマークに追加


Sebasports氏「2014年FIBA3x3ユーロツアーでの試合」

株式会社NTTドコモとクロススポーツマーケティング株式会社は5月21日、人工知能(AI)を用いた「ハイライト動画自動作成サービス」を共同開発したと発表。3人制バスケットボールのプロリーグ「3×3.EXE PREMIER」2021年シーズンが開幕する5月22日から、参加する全チームを対象にサービス提供を始めた。

本サービスは「3×3.EXE PREMIER」2021年シーズンに参戦する、チャイニーズタイペイ、日本、タイ、ニュージーランドの四つの国と地域の男女96チームに提供する。海外チームについては、生成したハイライト動画のみの提供となる。

利用者は試合やチーム、選手を指定し、AIによりゴールシーンなどのハイライト動画を自動で抽出し、動画をダウンロードできる。抽出動画の秒数調整や音楽の合成などの編集もでき、SNSの共有やスカウティング、チームプロモーションなどに利用可能だ。


本サービスは、「AI解析部分」と「編集アプリ部分」で構成している。「AI解析部分」は映像データを静止画に分解して各コマに画像認識処理を実行する。その後ハイライトと思われるコマを探索し、該当のコマをマーキングする。

「編集アプリ部分」はユーザーがほしいシーンの条件入力をもとに受け付けし、その条件に適合したコマを切り出してハイライト動画を作成する。

本サービスに使用したAI技術は、ドコモが開発した動画解析エンジン・物体検出エンジン・文字認識エンジンなどの画像認識に関する各種エンジンと、クロススポーツマーケティングが保有するデータやノウハウを組み合わせたもの。

動画解析エンジンは、カンファレンスの映像データを静止画に分解し、コマごとで物体検出エンジンおよび文字認識エンジンで認識したオブジェクトをトラッキングする。物体検出エンジンは、各コマに映っているスコアボード・選手・ボール・ゴールの位置を認識する。

文字認識エンジンは、各コマに映っているスコアボードに表示された得点や試合時間の文字を認識する。その他機能は、文字認識エンジンで認識したスコアボードの文字と試合記録をひもづけて、ハイライトとなるコマを特定する。

本サービスにより、リーグおよび加盟チームは蓄積される試合映像データのさらなる活用を図るとともに、動画編集の業務負担を軽減して運用効率を高められるという。

両社は今後シーズンを通じてAI技術を高度化し、サービスの向上を図るとともに、リーグと「3×3.EXE PREMIER」のさらなる普及と価値向上を目指すとのことだ。

>>ニュースリリース