同志社大学、2022年度からデータサイエンス・AI教育を開始 文系・理系を問わず履修できるプログラムも用意

このエントリーをはてなブックマークに追加

同志社大学は、2022年度から「同志社データサイエンス・AI教育プログラム(DDASH)」を開始する。

本プログラムは、全学部の学生を対象としたリテラシーレベル「DDASH-L(2022年度開始)」、より高度な内容を含む応用基礎レベル「DDASH-A(2023年度開始予定)」、およびそれらを1つにした「DDASH副専攻(2023年度開始予定)」の3つを用意した。

DDASH-Lは文部科学省数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度(リテラシーレベル)に準拠しており、DDASH-Aは同制度(応用基礎レベル)に準拠することを予定している。

DDASH-Lは、同志社大学が2005年度から実施してきたデータサイエンス教育の実績を踏まえた全学レベルの教育プログラムである。文系・理系を問わずすべての学生が修得でき、さまざまな分野の外部講師の招へいや必修科目がフルオンデマンドで受けられるなど、多くの特徴をもつ。

本プログラムは学部レベルのみではなく、大学院レベルでの展開も予定しており、その一部として「Comm 5.0 AI・データサイエンス副専攻」を開設予定という。

>>ニュースリリース