【ウェビナー】2022年注目「ハイパーオートメーション」の活用方法や事例を解説

このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年注目の『ハイパーオートメーション』

2022年、トレンドワードとなるであろう「ハイパーオートメーション」は、複雑な業務プロセスのDX(デジタルトランスフォーメーション)を進める解決手段として抑えておくべきキーワードとなります。

「ハイパーオートメーション」という言葉を初めて知った方も、言葉だけは聞いたことがあるという方も、” 分かったつもり ”から一歩先の” 自社でどう活用できるか? ”まで考えを進めることで、「ツール導入によって一部の業務はデジタル化できたが、業務全体の効率化をさらに進めたい」といった課題を解決できるかもしれません。

本ウェビナーでは、弊社Data Strategy事業部 事業部長の武石が、ハイパーオートメーションの概要や注目されている理由について、分かりやすく解説していきます。
また、企業における活用方法なども、一般事例を用いながらご紹介していきます。

当日はリアルタイムの質疑応答もございますので、ぜひご参加の上、気になる点をご質問ください。
また、ご参加が難しい方はアーカイブの配信希望も受け付けておりますので、ぜひお気軽にお申し込みください。

こんな方におすすめ

  • IT人材が社内にいないが、システム導入をしたい企業の担当部門の方
  • DX推進をミッションとしているがプロジェクトの進め方が分からない方
  • DX推進部門ご担当者様

配信日時
2022年2月25日(金) 16:00〜17:00

登壇者

株式会社レッジ

Data Strategy事業部 事業部長
武石 健太郎

学生時代よりWeb制作におけるディレクションやコーディングを経験し、ウフルに新卒入社。
デジタルマーケティング領域におけるコンサルタントとして、DMPやMAツール、Web接客ツール等を活用した施策の企画から実行までを支援。
レッジではデータを活用したUI/UX設計などをメインにコンサルティングを行なっている。

株式会社レッジ

メディア事業部 プランナー
小林 愛海

新卒でシステムエンジニアとしてITベンチャーに入社し、2社目のIT企業では営業を担当。退職後、ダーツバーを開業し経営を行う。レッジ入社前は教育系IT会社に入社し、企業研修の講師として3年ほど働き、フリーのグラフィックレコーダーとしての活動も行っている。レッジ参画後は、メディア事業部でウェビナーの企画や運営などを行い、広報活動を担当している。

お申し込みはこちらから


開催概要

イベント名知ったかぶりではもったいない!『ハイパーオートメーション』で仕事がどこまで変わる?
開催形式zoom
こんな方におすすめDX化をミッションとしているがプロジェクトの進め方が分からない方
社内業務のDX化を推進している企業の担当部門の方
リード数、成約数や売上を向上させたい企業ご担当者様
顧客満足度を向上させたい企業ご担当者様
※競合調査を目的とした登壇者の同業者の方のご参加はお断りさせていただく場合がございます
開催日時2022年2月25日(金) 16:00〜17:00
※途中入退室可
参加費無料・事前登録制
特典お申し込み時いただいた方全員に、後日セミナー資料をプレゼントいたします。