【DX Think Week】機械学習プロジェクトの90%以上は本番運用までたどり着けない

このエントリーをはてなブックマークに追加

本メディア「Ledge.ai」を運営する株式会社レッジは、2022年1月17日から31日まで「DX Think Week(以下DXTW)」を開催しています。
本記事では、DXTWにおける「特集:DX入門」に掲載されている動画の見どころを紹介していきます。

株式会社DATAFLUCT

最強のML Ops組織の作り方

講演概要

AI・機械学習モデルを一度作って終わりではなく、継続的に本番運用していくMLOpsの構築が求められています。特別講演のゲストとして、最強のデータ分析組織づくりを行っている大阪ガス様をお呼びし、DATAFLUCT代表の久米村と一緒に最強のMLOps組織の作り方を深ぼります。VPP(仮想発電所システム)データ分析事例や、多くの機械学習プロジェクトの実装〜運用を行う上での課題から、機械学習プロジェクトを進める日本企業がAI活用率を高めるためのヒントをお話します。

イベント担当者コメント

DATAFLUCTのクライアントである大阪ガスがどのように「最強のML Ops組織をつくったのか?」といった事例を詳細に公開していただいております。DATAFLUCTが展開する多数のプロダクトの紹介を交えて、どのようなデータをどのように活用可能なのかといった解説から、DX推進の要である「データの分析と利活用」について学ぶことができます。

今こそデータドリブンなDX推進を!専門家に頼らないデータ分析組織の作り方

講演概要

データに基づく仮説検証やデータドリブンな意思決定はDXを推進する上で欠かせない要素です。しかし機械学習/AIを活用したプロジェクトが本番運用フェーズに辿りつける確率はわずか〇%程度だと言われています。本セッションは機械学習/AIプロジェクトの進め方について話をし、データドリブンなDX推進を実現するための方法についてご紹介します。

イベント担当者コメント

「DX推進のための戦略ピラミッド」を用いた解説は、これからDX推進を本格的に検討したい方にとって、まず自社の現在地を把握することに有用な内容となっています。
その上で「成功するDX推進アプローチ」はどのように分解できるのか?といったことも説明されています。DX推進の検討すべきポイントについて丁寧に解説された講演です。ぜひご覧ください。

株式会社ailys

AI for Decision Making, DAVinCI LABSのご紹介

講演概要

データ分析を行う目的は「最適な意思決定」を行うためです。従来は一部の専門家だけが機械学習によるデータ分析を行っていましたが、徐々に意思決定を行う主体であるビジネス部門で自らデータ分析を行うトレンドとなっており、ビジネスユーザーでも簡単に使え、かつ意味のある情報を得られるAIツールが求められます。ビジネスユーザーが自らデータと機械学習を活用し、意思決定に向けた様々なインサイトを得られるDAVinCI LABSをご紹介します。

イベント担当者コメント

韓国発の企業であるailysによる高クオリティな動画をご覧いただけます。機械学習の活用における概要を分かりやすく把握することができるほか、同社が展開する「DAVinCI LABS」のデモンストレーションは自社でDXを進めようとしている企業の担当者であれば必見の内容となっています。