【DX Think Week】トヨタすら変わらないといけない時代における新規事業の重要性と創出方法を徹底解説

このエントリーをはてなブックマークに追加

本メディア「Ledge.ai」を運営する株式会社レッジは、2022年1月17日から31日まで「DX Think Week(以下DXTW)」を開催しています。
本記事では、DXTWにおける「特集:DX入門」に掲載されている動画の見どころを紹介していきます。

株式会社アルファドライブ

新規事業成功パターンから学ぶDXの真髄

講演概要

新型コロナウイルスの影響により、ビジネスを取り巻く環境は目まぐるしく変化しています。このような外部環境の変化に対応するために、既存事業のみならず新しい収益柱を作るために、社内起業や新規事業開発などの取り組みを多くの企業が始めています。
しかし、始めようとするとアイデアが思い浮かばない、社員との問題意識の共有が出来ない、想定通りグロースしないなどの問題が生じがちです。今回は約5,000事業アイディア創出を支援した経験を持つ株式会社アルファドライブ代表の麻生要一が、いかにして事業を成功へと導くか、その秘訣についてお話しします。

イベント担当者コメント

約5,000事業アイディア創出を支援した経験を持つ株式会社アルファドライブ代表の麻生要一氏は、「地域の中小企業でも顧客起点のやり方を突き詰めれば必ず新規事業は生み出せる」と語ります。ぜひ、本動画を視聴し、VUCAの時代に強く求められる新規事業創出スキルを身に着け、社内起業・新規事業開発へと活かして下さい。

株式会社キカガク

DX リテラシー教育のその先へ

講演概要

リテラシー教育を終えた企業が次に抱える課題は、学んだ知識、スキルを実務で活かすための人材育成です。キカガクではそれらの課題を解決するために企業の実データを使って事前にデータ分析、PoC を行い、その過程を教育コンテンツにして提供しています。

イベント担当者コメント

50,000人以上の受講生、多種多様な業界業種500社以上の法人にDX研修を提供するキカガクは、人気コースである「動画学習プラットフォーム『キカガク』」と「無料学習サイト『KIKAGAKU』」を無料公開しています。詳細は講演動画内でご確認ください。

経済産業省

DX政策の最前線 〜デジタル時代の企業変革と人材育成〜

講演概要

2025年の崖問題が提起された経産省の「DXレポート」が公表されて約3年が経過しようとしています。国内のDXは前進したのでしょうか。経産省は「DXレポート2」を2021年3月に新たに公表しました。その中では、全体の9割以上が「DX未着手:DXについて知らない」「DX途上:DXを進めたいが散発的な実施に留まる」であるとされています。本講演では、「攻めのデジタル投資」を行い、各産業のDXを促進するための施策についてご紹介します。

イベント担当者コメント

登壇者の松本氏は、日本企業における「守り」と「攻め」のIT予算比が80:20と攻めの比率が極めて低いことに警鐘を鳴らします。経済産業省の立ち位置からみる日本のDXの現状について語っていただくと共に、DX推進のための各種支援施策をご紹介いただいています。ぜひご視聴ください。