2021年第1回「G検定」直前対策講座が1万円に 予想問題集と解説動画がセット

このエントリーをはてなブックマークに追加

エッジテクノロジー株式会社は2月9日、一般社団法人日本ディープラーニング協会(JDLA)が提供する2021年 第1回 ジェネラリスト検定「JDLA Deep Learning for GENERAL 2021 #1(G検定)」の直前対策講座を提供開始したと発表。対象者はG検定(2021#1)受験予定者。価格は1万円(税別)。

本講座の内容は、過去の出題テーマ・傾向を分析した「AIジョブカレオリジナル予想問題集(全200問)」および、押さえておくべきポイントが入った「AIジョブカレ講師による解説講義(動画受講325分/担当:谷一講師)」で構成される。解説講義は申し込み後すぐに学習を開始でき、場所を選ばず視聴期限の3月20日までいつでも視聴できるという。

申込期日は2021年3月12日(金)まで。クレジットカード決済は2021年3月12日(金)まで。クレジットカード決済以外(コンビニ決済、銀行ATM決済、ネットバンキング決済、電子マネー決済)の申し込みは入金締めの兼ね合いから3月10日(水)まで。

>>ニュースリリース

「G検定」受験申し込みを受け付け中 3月20日に開催

G検定は、人工知能(AI)におけるディープラーニング(深層学習)の基礎知識を有し、適切な活用方針を決定して、事業活用する能力や知識を有しているか検定するというもの。ディープラーニングに関する知識を有し、事業活用する人材(ジェネラリスト)の育成を目指す。

Ledge.ai編集部では、G検定について難易度・出題範囲・参考書、問題集・合格体験記などを詳しく解説している。受験を考えている方は、以下の記事をチェックしてほしい。

今回開催する2021年 第1回 G検定は、すでに申し込みを受け付け中だ。受け付け期間は3月12日(金)の23時59分まで。開催日は3月20日(土)を予定している。そのほか、詳細は以下の記事まで。