三重県志摩市、ビジネスチャットとRPAツールで防災業務を年130時間削減 NTT西日本らの実証実験で

このエントリーをはてなブックマークに追加

画像は三重県志摩市公式サイトより

西日本電信電話株式会社三重支店(NTT西日本三重支店)およびNTTビジネスソリューションズ株式会社は3月22日、ビジネスチャットとRPAツールの連携、その効果測定を目的に実施した実証実験の結果を発表した。

本実証実験では、ワークライフバランスの充実に向けて業務DXに取り組んでいる三重県志摩市と、中期経営計画において環境貢献を打ち出している三重交通の協力を受けて、ビジネスチャット「elgana」とRPAツール「WinActor」、その拡張機能である「WinActor Brain NaRuKami運用サポーター」の連携によるDXの効果測定を実施した。

志摩市事例

志摩市では職員が迅速に災害対策するために、県の防災システムにおいて閾値を超えた際は関係職員の出勤が定められている。その際の関係職員全員への速やかな情報連絡が課題となっていた。

課題解決に向けて、WinActorを利用してシステム上の土壌雨量指数を監視し、閾値を超えた場合にはelganaを経由して職員へ通知する検証を実施した。

画像は志摩市事例詳細より

その結果、理論的には確認作業に関して職員13名で年間130時間の軽減効果が期待できることがわかった。

elganaから通知が届くことで各個人が情報発信する必要がなく、土壌雨量指数を職員全員が同時に把握できる。そのため通知を受けたタイミングで職員が迅速に行動できた。

プライベート利用のチャットとは別で通知され、「メッセージの既読/未読」を相互で把握するため見落としも防止した。

定量的な費用削減効果だけでなく、職員による防災システムの常時監視が削減され、心理的負担軽減による職員の心身の健康維持という定性的な効果も確認した。

今後、DX施策を他の業務にも展開することで効率的な業務運営を実現するとともに、市民サービス向上との両立をめざすという。

三重交通事例

三重交通では、紙削減に向けてelganaとWinActorを活用して、紙の使用量を複合機から自動的に集計し、組織ごとに前月との比較データを通知する検証を実施した。

従来、複合機ごとに個人の紙利用枚数データは蓄積されていたが、機種ごとに収集方法が異なることから、会社全体での使用量把握や組織感での利用枚数比較は実施できていなかった。

本実証実験では、WinActorを利用し、本社組織の各複合機の紙利用枚数データの収集に加え、組織ごとの使用量および前月との比較を自動的に一覧化し、elganaを利用して、各組織の長に対して通知できる形式にした。

画像は三重交通事例詳細より

elganaで通知が来るため、能動的に確認しなくても紙の実際の使用量や、他部署との比較および前月との比較や推移が見えることで、漠然と紙の削減を進めるのではなく、具体的な削減目標を立てて取り組めるようになった。

今後は紙だけでなく、電気やバスの燃料使用量等の環境貢献に関して進めている他の取り組みにも展開をめざすとしている。

>>ニュースリリース