ファミリーマート、AI遠隔操作ロボを店舗に導入 全店への順次導入も検討

このエントリーをはてなブックマークに追加

画像はファミリーマート 公式サイトより

株式会社ファミリーマートとTelexistence株式会社(TX)は10月から、遠隔操作ロボット技術を核とした新たな店舗オペレーション基盤の構築のため、TX製ロボットおよび「Augmented Workforce Platform (拡張労働基盤)」のファミリーマート店舗への導入を開始する。

今回、ロボットなどを導入する「ファミリーマート経済産業省店」は、TX子会社のModel-T Operations株式会社が運営する予定。TXが開発したAIを活用することで、一部動作を自律・自動化できる半自律型遠隔操作ロボットが、店舗のバックヤードにおける商品補充業務を実施する。

飲料売場にて業務量の多いペットボトル飲料の陳列から遠隔操作による業務を開始し、ロボットによる陳列速度や精度を検証する。その後、多店舗展開が可能な取り組みについては、ファミリーマート全店への順次導入を検討するという。
 
本取り組みにおいては、作業量の多い商品陳列業務を遠隔操作化・自動化することで、店舗の省人化や物理的な店舗立地に制約されない自由度の高いスタッフ採用が可能になり、ロボティクスを軸にした新たな店舗オペレーション基盤の本格導入を推進するとしている。

同時にロボットを導入しやすい環境(ロボットフレンドリーな環境)を継続的に模索し、生産性の向上や非接触化、顧客の利便性向上と店舗従業員のオペレーション負荷の軽減などの実現を加速するという。

なお、本取り組みはファミリーマートが2019年11月より参画する経済産業省における「ロボット実装モデル構築推進タスクフォース」の一環である。

>>ニュースリリース