技術論文に特化した翻訳AI、5万文字を1分で翻訳可能に

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社Feynma Technology(ファイマーテクノロジー)は、技術者・研究者向けに技術論文の翻訳に特化するAI「1paper(ワンペーパー)」を提供開始した。

本サービスを利用すると、PDF形式の英語論文を短時間で自然な日本語に翻訳できる。英語で発表されることが多い、最新技術動向の情報収集にかかる時間を大幅に短縮し、開発や研究の効率が向上するとうたう。

翻訳用に開発したAIを駆使し、翻訳が不要な図や式はそのままで、テーブルや段組の崩れをなくし、専門用語や難解な表現も自然な日本語に翻訳できる。また、翻訳した論文はPDFとMicrosoft Wordへの出力が可能だ。平均で5万文字、A4サイズで15ページの英語論文を約1分で翻訳できるという。

ファイマーテクノロジーは、英語で発表されたAIを使用した研究・開発の最新情報の内容理解には時間を要することや、自動翻訳サービスは日本語が不自然で、図表の体裁が崩れてしまうという課題を元に本サービスを開発したとしている。

提供価格は以下の通り。

>>ニュースリリース