Pythonデータ分析基礎やベイズ統計など無償のデータサイエンス基礎講座、学生から参加者募集

このエントリーをはてなブックマークに追加

慶應義塾大学経済学部附属経済研究所FinTEKセンターは10月11日から、全国の大学生に向けた産学連携のデータサイエンス基礎講座(オンライン)の参加者を募集開始した。参加者は全国の大学から学部・学年を問わず募集している。募集期間は10月31日まで。受講料は無料。

データサイエンス基礎講座より

初学者でも体系的にかつ実践的にデータサイエンスの基礎を学べるように、LMS(ラーニングマネジメントシステム)を活用して構成したオンライン講座。構成は1フェーズ3週間のフェーズを全部で5回、合計3.5カ月間のプログラムになる。

各フェーズでは、統計検定二級程度の知識の習得とPython基礎を学ぶだけでなく、サポーター企業のビジネス実データを扱い、個人・グループワークを通して課題を解決する。ビジネスに不可欠で汎用的な能力も養えるという。

学習内容は、記述統計、確率と確率分布、区間推定、仮説検定、回帰分析、Pythonデータ分析基礎、ベイズ統計、機械学習、Pythonデータ分析実践。学びの段階に応じて、修了証明書をブロックチェーン上に発行するため、就職活動に生かせる。

本講座では、社会で活躍できるデジタル人材を育成しながら、その学習履歴をプラットフォーム「STAR」に連携する。学生が自分自身が学んだ証を残せるだけではなく、成績データなどの情報を企業に開示することで、より精度の高いマッチングに活用できるという。

サポーター企業はSMBC日興証券株式会社、コクヨ株式会社、住友生命保険相互会社、損害保険ジャパン株式会社、株式会社Too、みずほリサーチ&テクノロジーズ株式会社、三井住友信託銀行株式会社、株式会社三菱UFJ銀行。

本講座を通じ、住友生命保険相互会社は成績優秀者に特別な選考ステップを提供予定、三井住友信託銀行株式会社は特別セミナーへの招待、みずほリサーチ&テクノロジーズ株式会社は座談会イベント参加枠の用意など、企業8社による就職活動や学びの支援を実現するという。

そのほかのサポート企業も、受講者を応援する限定イベントとして、サポーター企業の現役データサイエンティストによる講座や、特別セミナー、現役社員とのトークセッションなどを予定している。

募集条件とエントリー方法は以下のとおり。

  • ​​日本全国から学年、学部を問わず、データサイエンス学習と新たなキャリア形成に強い意欲をもつ学生を募集する。
  • 応募資格
    ・2021年10月1日時点で日本国内の大学に在籍し、日本語で修学できる方
     ※学年・学部・性別・国籍は問わない
    ・2021年11月6日~2022年2月19日の間、オリエンテーションのほか、3週間に1度(2時間程度)のオンライン集合研修に、原則として欠席なく参加できる方。また、週5時間相当の自己学習時間を捻出できる方
    ▼オンライン集合研修日程
     2021年11月6日(土)13〜15時 ※オリエンテーション
     2021年11月20日(土)13〜15時
     2021年12月11日(土)13〜15時
     2022年1月8日(土)13〜15時
     2022年1月29日(土)13〜15時
     2022年2月19日(土)13〜15時
  • 募集人数
    ・最大3000名
  • 受講料
    ・無償
    ※オンライン講座受講時に発生する通信費などは参加者の負担になる。
  • スケジュール
    ・応募期間:2021年10月31日 23時59分まで
    ・入学オリエンテーション:2021年11月6日 13時~15時
    ・講座期間:2021年11月6日~2022年2月19日(約3.5ヵ月間)
  • エントリー方法
    エントリーサイトより登録。本事項には、STARおよびGROWの登録が必要となる。

>>ニュースリリース