自宅でのフィットネスを効率化 AIがトレーニングをサポート

このエントリーをはてなブックマークに追加


マイクロエンタテインメント株式会社は5月13日から、イスラエル発のAIパーソナルフィットネス「kemtai(ケムタイ)」を日本で展開すると発表した。

kemtaiは、最新の画像認識技術とAIを活用することで、ワークアウトにその場でフィードバックし、点数をリアルタイムに表示できる。

kemtaiのベータ版は、下記のサイトから無料で利用できる(https://get.kemtai.com/jp/)。なお、kemutaiを利用するには、インターネットに接続したウェブカメラ搭載のパソコンが必要だ。

>> プレスリリース

自宅でのワークアウトが効率的に

プレスリリースによれば、kemtaiを日本市場で展開するのは、もっと先のこととして考えていたという。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大によって、運動する機会が減ってしまったという声を受け、予定より早くサービスを提供することになったそうだ。

kemtaiには以下の特徴を備えている。

選べるワークアウト

kemtaiには、異なるエクササイズを集めて作られたワークアウトが多数登録されている。各トレーナーがそれぞれ独自に複数のワークアウトを作っているため、自分に合ったトレーナーとワークアウトを選択できる。

また、kemtaiでは、数種類のワークアウトを無料で利用できるのが特徴的。さらに、有料会員登録をすることで、ワークアウトの種類を増やすことが可能だ。料金は月額10ドル、もしくは年額96ドルの2種類。支払いには、PayPalのアカウントかクレジットカードが必要だ。

ゲーム性のあるワークアウト

kemtaiは、ワークアウトの結果に対してリアルタイムでスコアを表示することで、より効果的なものし、かつゲームをしているかのように楽しく続けられる。

ワークアウトの記録

ワークアウトの結果が毎回履歴として残るので、kemtaiならデータをもとに計画的に体を鍛えられる。

>> プレスリリース

ダンスコンテンツの新たな可能性

マイクロエンタテインメントはkemtaiだけでなく、ほかのAI事業にも着手している。

2020年4月、マイクロエンタテインメントはダンスコンテンツのマーケットプレイス「GESREC」のベータ版を、日米同時に提供すると発表した。

GESRECは、プロのダンサーや振付師がアップロードしたダンス動画をAIがデータ化し、ウェブサイト上にアップロードして取引できるプラットフォームだ。

多くのダンサーは収入元がライブイベントやレッスンのため、怪我や体力の低下などが原因で引退を迫られるケースがよくある。

GESRECは、ダンサーとクライアントの架け橋となり、ダンサーが継続的にダンスコンテンツから収入を得られる世界を実現しようとしている。

kemtaiの日本総代理店代表 小平託氏は、「ダンスとのシナジーに対しても大きな関心を寄せており、先日発表したダンスのマーケットプレイス『GESREC』との親和性も非常に高いと感じています」と述べている。