乳ガンの早期発見に医師とAIがダブルチェックで見落とし防止へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

医療分野でのAI導入が進み、CTやMRIなど撮影された画像の診断をAIでサポートする事例は多くなってきた。しかし、リアルタイムで検査の解析、診断を補助する事例は多くない。

そんななか、株式会社フィックスターズが慶應義塾大学医学部と共同で開発しているのが、乳房超音波検査のリアルタイム解析システムだ。

深層学習で高速かつ高精度に腫瘍を認識し、早期発見に寄与

この解析システムでは、超音波検査装置の描出する動画をリアルタイムに解析し、乳ガン腫瘍を検出する。

画像認識には深層学習を用いており、高速かつ高精度の認識を可能にしている。慶應義塾大学医学部がもつ乳癌の診断データを学習させているため、より高い精度での診察が実現する。

乳ガンの超音波検査では、若い世代でも小さなしこりを発見しやすいなどの長所がある。一方、検査を行う医師や技師の技術によっては見落とす可能性があるとも指摘されている

超音波検査の画像を医師とAIでダブルチェックすることで、腫瘍を見落とす可能性が軽減されそうだ。

早期発見・治療ができれば、死亡率が減少するだけでなく、乳房を温存するなど、手術法や治療法を選択できる可能性も高い

AI搭載医療機器の承認審査短縮へ法改正が進む

アルツハイマーや脳動脈瘤の可能性を画像から検出したり、生活習慣病リスクを予測したりと、医療分野ではAIを活用したさまざまな取り組みがされている。

AI搭載の医療機器が多く登場するのに伴い、政府では法改正も進む。新しく取得したデータを再学習させると性能が向上するというAIの特性上、性能が変われば頻繁に審査を受ける必要があるためだ。

法改正により、再学習で性能が向上した場合の承認審査期間が短縮がされる見通しで、患者と医師がいち早くテクノロジーの恩恵を受けられる。

テクノロジーによる医療の進化が進み、かかりつけの医療機関でもAIを活用した診療が行われる未来が少し見えてきたのかもしれない。

source:フィックスターズ、慶應義塾大学医学部と共同研究で、日本初のAIを用いた乳房超音波検査リアルタイム解析システムを学会で発表