1週間恋人になれる大学生限定のアプリ、AIで数値が近い相手とマッチ

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社FOR STUDENTは10月23日、「1週間の恋人体験」を軸とする、大学生限定のオンラインマッチングサービス「Gakukoi(学恋)」β版をリリースした。

これまで同社は大学生限定合コンマッチングアプリ「collon(コロン)」を提供してきた。今回は「1対1でも学生同士で安心して出会えるマッチングサービスが欲しい」「使える大学を広げて欲しい」といった声を受け、Gakukoiをリリースしたとしている。

相手とのマッチのイメージ

Gakukoiは、collonの運営で蓄積してきた人工知能(AI)の学習データなどをもとに、最適な相手との出会いの機会を創出するという。従来のマッチングアプリでは容姿が優れた人のみにマッチが偏る傾向があったが、collonは男女平等な恋愛体験を実現するとうたう。

運命の「ジャッジタイム」のイメージ

また、従来のマッチングアプリでは、相手を判定するためにスワイプする必要があったが、Gakukoiは登録情報をもとに独自のスコアリングを実施し、数値が近い相手と自動的にマッチする。マッチした相手とは1週間限定の恋人関係を楽しみ、最後のデート後に関係を継続するかどうかを2人で決められる。

さらに、利用できる層を大学生(大学院・専門学校・短大含む)に限定しており、自分と立場の近い相手との安心・安全な出会いを楽しめるという。なお、年齢確認の際には学生証の提出が必須で、学生でない人の利用や大学名などの偽りを防ぐとのこと。

初対面での会話が苦手な人でもコンシェルジュがサポート

グループ作成とビデオデートのイメージ

サービスの流れは以下のとおり。

1.会員情報を登録する。
2.登録情報をもとに独自のスコアリングを実施し、スコアが近い相手と運営側で自動的にマッチ。
3.支払いを確認後、トークアプリでグループを作成する。その後、コンシェルジュと相手の3人でビデオ通話をし、デートの日程および当日の内容を決められる。なお、初対面での会話が苦手な人でも、専任のコンシェルジュが2人のコミュニケーションを円滑にサポートするという。
4.ビデオデートで相談した内容に沿って、2人で実際にデートをする。なお、当日はデートを盛り上げるために、運営からさまざまなミッションが与えられるとのこと。
5.デート終了後、運営より2人それぞれに対して、関係を継続するかどうか確認の連絡をする。互いが関係継続を希望した場合、正式な恋人関係になる。

料金は男性が1マッチにつき3480円(税込)、女性は完全無料。なお、デート当日に相手がドタキャンするなどの理由でデートまで至らなかった場合は、返金もしくは別な人とのマッチで対応するとしている。

>>ニュースリリース

デート受諾率を8倍にするアプリAill「自分が欲しいサービスを作った(笑)」

Aillを手がけた株式会社AILLの代表取締役である豊嶋千奈さん

AIを活用した恋愛関連サービスは少なくない。

たとえば、株式会社AILLは8月3日から、世界初とうたう人工知能(AI)を活用する恋愛ナビゲーションアプリ「Aill(エール)」の事前登録を関東圏を中心に開始した。

AillはAIを活用し、紹介ナビゲーション/会話ナビゲーション/好感度ナビゲーションという3つのナビゲーションを利用者に提供。男女のコミュニケーションのすれ違いを緩和し、出会った後の関係進展をアシストする。

実際、2019年11月〜2020年3月までにトライアルを実施すると、チャット開通後1カ月以内でのデートへの進展率が、AIナビゲーションがない場合に比べ、8.3%から32.8%と4倍に。デートに誘った場合の受諾率もAIナビゲーションがない場合に比べ、10.3%から88.0%と8倍を達成した。

Ledge.ai編集部では、そんな驚異的な数字を成し遂げるAillを手がけた、株式会社AILLの代表取締役である豊嶋千奈さんに「なぜこのサービスを開発したのか?」「具体的にどのようにアシストしてくれるのか?」など、質問をぶつけてみた。気になる人は以下の記事をチェックしてほしい。