チャットワークもSlackもSkypeも、、、複数のアプリを一元管理できる「Franz」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ども、ゆうせいです。タイトルで全部言ってます。神ツールのご紹介です。チャットワーク、Slack、FBメッセンジャー、Skypeなどなど、案件や取引先に合わせていろんなチャットツールを使っているかと思いますが、それ、全部ひとつのアプリで管理できます。

「Franz」ならマルチアカウントで運用可能

ブラウザでチャットワークとSlackとFBメッセンジャー、アプリでSkypeとか、なんかいろいろ起動していませんか?

「Franz」で全部一緒に管理してしまいましょう。Mac、Windows、Linuxに対応しています。

まずはアプリを以下よりダウンロード。


【PR】
sponsored by 株式会社 TACT

Franz – a free messaging app for Slack, Facebook Messenger, WhatsApp, Telegram and more
Win、Mac、Linuxに対応。

アプリを起動したら、追加したいサービスを選んでログインするだけ。

2016/04/18現在、

  • Slack
  • FB Messenger
  • WhatsApp
  • Skype(チャットのみ)
  • WeChat
  • Telegram
  • Hangouts
  • HipChat
  • ChatWork
  • Discord
  • Steam Chat
  • GroupMe
  • Gitter
  • Grape

以上のサービスに対応しています。

franz001

このアプリのすごいところは、各サービスを複数追加できるところ。つまり、チャットワークを会社用、プライベート用などで分けている人は、それぞれ追加することが可能です。

franz002

ブラウザを2種類起動したりとか、PCとスマホで使い分けたりする必要がなくなります。最高です。もちろん通知にも対応しています。

各サービスのタブをクリックして切り替え可能です。簡単です。

franz003

今後もどんどん増えそう

こちら、今後もどんどん各種サービスに対応予定とのことで、もしかしたらLINEにも対応してくれる日が来るかもしれません。

一元管理、なんとも素敵な響きですよね。

ぜひお役立てください。

それではまた。
ご存知、ゆうせいでした。