富士通、AI倫理ガバナンス室を新設「富士通グループへの信頼が重要」

このエントリーをはてなブックマークに追加

富士通株式会社(以下、富士通)は2月1日付けで、AIをはじめとする最先端テクノロジーの社会浸透・信頼確保の実現を加速するため、「AI倫理ガバナンス室」を新設すると発表した。

富士通は、進展するAIの社会実装に対し、安心・安全なAIが顧客や社会へもたらす価値のさらなる創出を目指している。2019年3月には「富士通グループAIコミットメント」を策定し、同年9月には、富士通グループのAI倫理について第三者の客観的な評価を受ける仕組みとして、外部の有識者で構成される委員会を設置した。以来、富士通グループのAI倫理に関するコーポレート・ガバナンスの充実を図ってきた。

富士通は「イノベーションによって社会に信頼をもたらし、世界をより持続可能にしていく」ことをパーパスとして定めており、テクノロジーの活用のためには提供するサービスや技術はもちろん、「当社グループへの信頼が重要」であると認識しているという。

今後、最先端テクノロジーの研究・開発・実装にまつわる倫理に関する国際的な動向、政策、法制度の動向などを踏まえ、AI倫理ガバナンスに関する全社的かつ総合的な取り組みをさらに強化していくとする。

>>ニュースリリース