富士通、金融業界向けAIサービス AIが営業などで次に取るべき行動の根拠を提示

このエントリーをはてなブックマークに追加

富士通株式会社は9月16日から、人工知能(AI)がスコアリング予測をし、次の効果的なアクションを提示するAIスコアリングプラットフォームサービスを開発し、営業マーケティング、ローン審査、不正検知など、金融業界のさまざまな業務を支援する「FUJITSU Finplex AIスコアリングプラットフォームサービス EnsemBiz」として提供開始した。

販売価格

営業活動などで次にとるべきアクションをAIが教える

本サービスは、株式会社富士通研究所が開発したAIの機械学習技術「Wide Learning」を組み込むことで、少ないデータでの高精度な予測を実現する。また、これまでのAI活用において、データサイエンティストが予測結果にもとづき分析していた、次にとるべきアクションをAIが自動で複数提案してくれる。本サービスを導入することで、これまでは人が担っていたために判断に差が出ていた業務において、各種判断の均質性を高められる。

たとえば、営業マーケティング活動での効率的なアプローチ、ローン審査業務の効率化、不正請求や詐欺の検知によるリスク回避といった、さまざまな業務に活用できる。とくに、営業活動においては、顧客ごとに複数のアクションとその成約率を提示することで、次に取るべきアクションを決める際のサポートになり、営業活動の効率化、ビジネス貢献を実現する。

予想やアクションの根拠をわかりやすく提示する

また、本サービスは、データの網羅的な組合せを列挙して分析することで、予測する。AIによるスコアリング予測と次なるアクションについて、その根拠をわかりやすく提示(特許出願済)するため、人が理解しやすくなり、納得性の高い結果を得られるという。さらに、AIのブラックボックス問題を解決し、AI活用のハードルを低減するとのこと。

たとえば、見込み客への営業マーケティングでは、顧客属性や過去のコンタクト履歴などのデータのすべての組合せのなかから商品を「買う」「買わない」という結果に影響を与えた組み合わせを抽出する。見込み客への効率的な営業アプローチを可能にするのはもちろん、想定していなかったターゲット顧客の特徴の発見や理解にもつながるとした。

富士通は金融業界におけるAI導入促進を目指す

金融業界では、フィンテックやAI活用などの最新技術を用いたDX(デジタルトランスフォーメーション)推進が、競争力向上に不可欠として積極的な活用が叫ばれている。

一方で、高い信頼性や利便性が求められる金融サービスでは、実運用に踏み切るには時間を要する。とくに、AIが導き出した結果の根拠がわからないことが、経営や投資判断へのAI活用を阻む一因になっているという。ほかにも、AI人材の不足や、大量の学習データの準備が課題に挙げられる。

富士通は、本サービスにより金融業界におけるAI導入を促進し、DX推進に貢献するとしている。

>>ニュースリリース

富士通、営業スキルをAIに評価されるサービス金融機関向けに提供

富士通は8月7日にも、金融分野の営業職員向けに、スマホで利用できるAI教育プラットフォームサービス「FUJITSU Finplex アドバンスドチーミングエクスペリエンスサービス powered by UMU」を提供開始している。

同サービスは、現場の営業職員が保有するスマホを使って、移動中や隙間時間に効率的にスキル習得できるマイクロラーニングや、AIを活用したロールプレイングでの営業演習、集合せずに情報伝達やコミュニケーションができるデジタル朝礼サービスなどを提供する。

金融機関でこれまで営業職員が上司や講師を相手に、対面営業の教育として実施してきたロールプレイング演習を、スマホ上でAIを相手に実施できる。スマホのカメラに向かって練習すると、記録したロールプレイングの様子をもとに、AIが分析して評価してくれる。

AIによる評価は、評価ポイントとしてあらかじめ設定した3つの評価軸と、映像から声の大きさ、話すスピード、ジェスチャーなど6つの項目で実施。結果はグラフでわかりやすく表示するという。設定したキーワードの発言数、本人の高頻度発言ワードを表示し、上司や講師の模範解答も確認できる。

同サービスを導入することで、金融機関で毎日集合型や対面型で実施している業務や組織内コミュニケーション、また個人のスキルにあわせた自発的な学習が、時間や場所の制約なく多手法で実施可能になる。テレワークなど新たな働き方に適応した学びの変革と強い組織の醸成につなげられるとしている。