富士通、心電図データから心臓の動きの異常を推定するAI 東大病院で有効性を検証

このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通株式会社は10月25日から、東京大学医学部附属病院循環器内科(東大病院)において、心電図(※1)のデータから心臓の動きの異常を推定するAI(人工知能)の有効性を検証するための臨床研究を開始する。期間は2021年10月25日〜2022年3月31日までを予定している。

(※1)心臓の動作のもとになる電位の変化を体表から記録したもの。

富士通は2019年12月から、心疾患の早期発見を目的に東大病院と共同で、東大病院でこれまでに受診した患者の心電図検査のデータ約63万件と心臓超音波検査(心エコー検査 ※2)のデータ約14万件を使用して独自のAIの研究開発を進めてきた。今回、心臓の動きの異常を高い精度で検出することに成功したという。

(※2)胸部に超音波を照射し、反射してきた波を分析・画像化することで、心臓の動きや形態などの心臓の力学的な機能を調べる検査のこと。

臨床研究では本AIを活用することで、東大病院でこれから心電図検査を受ける患者の心電図データをもとに、心臓の動きの異常の有無を推定。異常ありと推定した患者に心エコー検査を受けてもらい、本AIの推定結果と比較して有効性を検証する。

心疾患は日本人の死因の第2位(※3)である。心疾患を早期に発見するためには、心臓の電気パルス信号の波形をもとに心筋の異常や脈の乱れを検出する心電図検査が診断手段として広く用いられている。



(※3)「厚生労働省人口動態統計年報 令和2年(2020)人口動態統計月報年計(概数)の概況」

しかし、心電図のみを用いて心臓の形や動きの異常を捉えることは難しく、医療の現場では心電図検査結果に加え、患者の自覚症状をもとに医師が聴診器を使って心音の異常を検知した後、心エコー検査などを実施していた。

心エコー検査は専門の医師や臨床検査技師がいる限られた施設でしかできないなどの理由のため、すべての患者に対して検査は難しいという実態があった。早期発見がしにくく、発見したときにはすでに疾患が重症化しているケースもあるという。

>>ニュースリリース