富士通、AIが必要な書籍を300冊以上から瞬時に検索 品川区の戸籍事務を効率化

このエントリーをはてなブックマークに追加

富士通株式会社は11月11日から、東京都品川区と共同で、婚姻届や出生届などの審査や受理手続きといった戸籍事務の職員負荷軽減や正確性の向上および業務効率化を目指し、届出内容の審査や判断の根拠となる文献データを300冊以上におよぶ専門書籍から瞬時に検索できる「電子書籍AI検索システム」を品川区の戸籍事務に導入し、有効性を検証する実証実験を開始している。

富士通が開発した本システムは、自然文や類義語の高度な検索が可能なAI検索エンジンにより、戸籍関連の専門書籍で、国内トップシェアの日本加除出版株式会社の電子書籍から、戸籍事務に必要な文献および該当箇所を瞬時に検索できる。これにより、職員は膨大な書籍から手作業で過去の事例を探し当てる必要がなくなり、業務負荷の大幅な軽減と業務効率の向上が見込める予定という。

戸籍事務は自治体業務において、一定の経験を要する複雑かつ、高度な業務に位置付けられるという。一方で、自治体職員は幅広い業務を経験する必要があり、一定周期での人事異動が発生するとのこと。また、近年では、戸籍事務に精通した職員の退職や外部委託職員の増加などにより、担当職員が戸籍事務の知識を効率よく習得することが難しくなっているとする。

さらに、国際化による外国籍の人による届出の増加や、社会的価値観の変化にともない、所蔵する膨大な書籍のなかから過去の参考事例を目視で探して対応するような、高い専門知識を要する届出が年々増えているという。経験豊富なベテラン職員を中心に、戸籍事務の負荷が高まっているとのこと。

富士通はこのような状況を踏まえ、戸籍事務を効率化し、ベテラン職員が注力すべき業務に集中できる環境を実現するため、日本加除出版が持つ電子書籍の文献データをAIで瞬時に検索できるシステムを開発し、品川区で有効性を検証する実証実験を実施するとした。富士通は本実証実験の結果を踏まえ、電子書籍AI検索システムの商品化を目指すとしている。

なお、本実証実験の実施期間は2020年11月11日〜2021年3月31日まで。実施場所は品川区役所(所在地:東京都品川区広町2丁目1番36号)。

>>ニュースリリース

富士通とトヨタ、物流コストを最大5%削減か 量子コンピュータ技術活用で

富士通はAIや量子コンピュータなどの最先端のテクノロジーを活用して、さまざまな業界にアプローチを試みている企業と言える。

最近でも、富士通と株式会社トヨタシステムズは9月10日、富士通の組合せ最適化問題を高速に解く量子コンピューティング技術「デジタルアニーラ」を活用し、自動車製造に必要な部品の物流ネットワークを最適化する共同実証を実施したと発表。

本共同実証では、数百を超える仕入れ先から部品を仕入れ、数か所の中継倉庫を通り、数十の工場へ配送する300万以上のルートを探索する問題に対して「デジタルアニーラ」で計算し、トラック数、総走行距離、仕分け作業などを含めた物流コストを最適化した。

その結果、300万以上のルート候補から、全体の物流コストが削減する新たなルートを30分以内で計算できるとわかった。これまで見つけられなかった有効な物流ルートの発見、積載効率の向上、トラック数や総走行距離の効率化などにより、物流に関わるコストを約2%~5%削減できる可能性があるとする。