#今こそ学ぼう JDLAが7月4日実施のG検定を半額で実施へ

このエントリーをはてなブックマークに追加


日本ディープラーニング協会(以下JDLA)は、7月4日に実施する2020年第2回のジェネラリスト検定(以下G検定)の受験料を半額にすると4月24日発表した。

受験料は、通常一般:12,000円/学生:5,000円のところ、7月4日実施の試験に限り一般:6,000円/学生:2,500円となる(価格はすべて税抜)。申込開始は5月15日(金)を予定しており、オンラインでの自宅受験が可能だ。

自宅待機を飛躍のチャンスに

プレスリリースでは、JDLA理事長の松尾豊が半額化の背景を以下のように語る。

――松尾
「新型コロナウィルスの感染拡大により多くの国民が自宅に留まることを余儀なくされ、在宅時間が長期化しています。一方で、通勤時間や接待などに取られていた時間を自宅で有意義に過ごすことも可能であり、こんな時こそ学習に向かう絶好のチャンスと捉えていただきたい。


【PR】
sponsored by 株式会社 TACT

ディープラーニングを学習することにより、AI人材として自身の市場価値が飛躍的に高まることも認識して欲しいです。コロナの影響により、対人コミュニケーションを始め様々なもののオンライン化、デジタル化が加速するのは自明です。過去を見渡しても、チャンスは常に世の中の変化により生まれてきました。コロナによる不安を学習で払拭するためにも7月4日実施のG検定受験料を半額にし、皆さんの学習をサポートしたい」

JDLAでは「#今こそ学ぼう」と銘打ち、JDLA認定プログラムの実施事業者が無料公開する学習コンテンツを積極的に紹介している。一部、G検定向けコンテンツも含まれているため、G検定を受験予定の人は必見だ。

参考:
【期間限定】#今こそ学ぼう オンライン学習コンテンツ「無料公開」のご案内

またLedge.aiでは、ゴールデウィークに自宅に籠もる人向けに、2020年4月28日の時点でAI(人工知能)関連技術や機械学習が無料で学べるコンテンツをまとめた。一部の学習コンテンツは編集部の体験記もあるので、そちらもぜひ参考にしてほしい。

Source:次回7月4日G検定、受験料半額での実施を決定