滋賀大学が手がける無料のデータサイエンス入門講座、社会人も学べる

このエントリーをはてなブックマークに追加

画像は「滋賀大学「高校生のためのデータサイエンス入門」講座PV ~ gacco:無料で学べる大学講座」より

オンライン講座サイト「gacco(ガッコ)」では6月18日から、高校生とデータサイエンスの基礎を学びたい社会人を対象に「高校生のためのデータサイエンス入門」が開講される。受講料は無料。

本講座では、本格的なビッグデータは扱わないものの、高校生にも身近な題材を用いて社会の課題を考え、データから有用な情報を引き出す方法について説明する。データ分析の具体的な手法は、主に高等学校数学Ⅰの「データの分析」で習う手法を用いる。「データの分析」で習う手法をどのように実際に役立てられるのかについても学べるという。

講師・スタッフは、滋賀大学データサイエンス学部講師の伊達平和氏、滋賀大学データサイエンス学部准教授の松井秀俊氏、滋賀大学データサイエンス学部准教授の姫野哲人氏、滋賀大学データサイエンス学部教授の笛田薫氏が務める。

【「高校生のためのデータサイエンス入門」概要】
・前提条件:特になし
・対象者:主に高校生、データサイエンスの基礎を学びたい社会人
・本講座の狙い:高校生にデータサイエンスの有用性を伝えること、高等学校での課題学習やグループ学習に参考にできること、大学で学ぶデータサイエンスの内容の準備になること
・課題内容:第1週のテストと最終テスト
・修了条件:得点率80%以上
・学習期間:2週間(週2〜3時間程度)

YouTubeで「中学生から分かるAI数学講座」が無料公開 E資格に対応

人工知能(AI)やPythonなどのプログラミング、データサイエンスに関する学習コンテンツが、無料で公開されることは少なくない。

最近でも、Study-AI株式会社は3月23日から、特設サイトとYouTube公式アカウントにおいて、中学生でもAIの勉強を目指せるとうたう「中学生から分かるAI数学講座」動画の無料配信を開始した。

一般社団法人日本ディープラーニング協会(JDLA)が提供する「E資格」で出題される数式を読めるようになることを目的としており、中学校や高校の数学を予習(復習)するといった内容だ。

この記事で紹介したコンテンツはそれぞれ分野や領域は異なるものの、両方とも無料で学習できる。気になる人はチェックしてみては。