ビッグデータの分析や活用を学べる無料講座が開講、早大の講師らが担当

このエントリーをはてなブックマークに追加

画像は「スマートエスイー「ビッグデータマネジメント・アナリティクス」講座PV ~ gacco:無料で学べる大学講座」より

オンライン講座サイト「gacco(ガッコ)」では8月31日の15時から、早稲田大学を中心に35以上の大学、企業、業界団体が手がける社会人教育プログラム「スマートエスイー」の一環として、オンライン講座「ビッグデータマネジメント・アナリティクス」が開講される。受講料は無料。

本講座では、アナリティクス・意思決定のためのIoTなどビッグデータの分析およびマネジメントを通じた活用を目指して、ビッグデータの特徴とその分析について学習できる。

コース履修はフルオンデマンドで、個人演習を用意している。一部の科目は演習をオンラインリアルタイム配信する。業務上の実課題の解決やDXを目指す方にもおすすめという。

講師・スタッフは早稲田大学 基幹理工学部 情報理工学科 教授の山名早人氏、早稲田大学 基幹理工学部 情報理工学科 教授の清水佳奈氏、元ヤフー株式会社の星井祥吾氏が務める。

【「ビッグデータマネジメント・アナリティクス」概要】
・前提条件:準備学習・前提知識は統計解析の基礎知識、データベースの基礎知識、要求分析の基礎知識
・課題内容:各週選択形式の確認テスト
・修了条件:得点率60%以上
・学習期間:3週間

Week1

  • 1-1 ビッグデータはいつから
  • 1-2 データ活用事例
  • 1-3 全世界のデジタルデータ量は?
  • 1-4 ビッグデータの基礎-頻出パターン抽出‐(1)
  • 1-5 ビッグデータの基礎-頻出パターン抽出‐(2)
  • 1-6 ビッグデータの基礎-頻出パターン抽出‐(3)
  • 1-7 「結果を正しく判断する目」が重要
  • 1-8 ビッグデータの基礎‐機械学習‐

Week2

  • 2-1 全文検索とは
  • 2-2 転置インデックス
  • 2-3 Overview of indexing methods
  • 2-4 A basic idea of short read mapping
  • 2-5 Construction of SA(1)
  • 2-6 Construction of SA(2)
  • 2-7 Rank/CF

Week3

  • 3-1 NoSQLが登場した背景
  • 3-2 NoSQLの分類(1)
  • 3-3 NoSQLの分類(2)
  • 3-4 代表的なNoSQL
  • 3-5 NoSQLのユースケース
  • 3-6 Cassandraの概要
  • 3-7 Cassandra性能アップテクニック(1)
  • 3-8 Cassandra性能アップテクニック(2)
  • 4-1 Cassandraのデータ構造
  • 4-2 データの断片化
  • 4-3 NoSQLを採用する際の注意点
  • 5-1 データ分析基盤の全体像
  • 5-2 データ処理・蓄積・分析基盤
  • 5-3 Spark on Cassandraで構築するIoT基盤

気になる人はチェックしてみては。