推しキャラ召喚装置Gatebox、ホログラムキャラクターで江戸の歴史案内

このエントリーをはてなブックマークに追加

ICT機器の製造・開発を行うGatebox株式会社は2020年3月12日、国内初のビジネス活用事例として成田空港での特別展示にホログラムキャラクターを召喚した。

国立歴史民俗博物館蔵「江戸図屏風」ファブリックパネルによる、特別展示「光る江戸図で感じる日本」の作品紹介に活用されるという。





>>プレスリリース

ホログラムでキャラクターを出現させるGatebox

Gateboxとは「キャラクターを暮らす世界へ」をコンセプトとしたICT機器である。キャラクターをホログラムで映し出し、音声認識機能などで会話が可能だ。

LINEとも業務を提携しており、インターネットに繋げることで、天気やスケジュール、ニュースや占いといった情報を「Clovaちゃん」というキャラクターがお知らせしてくれる。

今回の展示では、国立歴史民俗博物館の3Dキャラクター「もみちゃん」を召喚するアプリケーションの開発や、言語切り替えのプラットフォーム実装などを株式会社ハニカムラボが行った。

ハードウェアを提供するGateboxと協力して、海外旅行客などに向けたサービスを実現した形だ。

国立歴史民俗博物館3Dキャラクター「もみちゃん」

画像はGateboxニュースから

着物の祖先と言われている小袖。江戸時代には公家から町人まで幅広い身分の人々の表着(うわぎ)として用いられ、さまざまなデザインの小袖が作られた。

日本有数の小袖資料を保有する国立歴史民俗博物館は資料からデザインをデジタル化、小袖を身にまとったキャラクターもみちゃんを通じて小袖文化を紹介していく。

成田空港の玄関口で歴史資料展示

画像はGateboxニュースから

成田国際空港では、訪日観光客と日本人旅行客に対して国立歴史民俗博物館の位置する佐倉市をはじめ、近隣エリアへの訪問を促進する目的で「江戸図屏風」のファブリックパネル展示を行う。

江戸図屏風は、国立歴史民俗博物館が所蔵する17世紀前半の江戸の町の様子がわかる絵画で、歴史的価値がとても高い資料だ。

そんな江戸図屏風の画像を元にファブリックパネルで作られた「光る江戸図」が、Gatebox・Sotaといった解説用ICT機器と同時展示される。観光客向けに、日・英・中・韓の4ヵ国語で屏風の解説を聞くことが可能である。

詳細は以下の通り。
展⽰期間:2020年3⽉12⽇(⽊)〜2020年6⽉末までを予定
展⽰場所:成⽥国際空港第2ターミナル 出国⼿続き後エリア(「NARITA SKY LOUNGE 和」内)
※本展⽰は第2ターミナル出国⼿続き後エリア内に設置されるため、第2ターミナルから国際線で出発する人のみ観覧可能。