それ私が作りました!〜AIやスマホアプリを開発したZ世代に聞いた

このエントリーをはてなブックマークに追加


「デジタル後進国」や「AI後進国」と言われて久しい日本。しかし、これから社会で活躍するZ世代には10代や20代でAIやスマホアプリを生み出した若者たちがいる。特集『それ私が作りました!〜AIやスマホアプリを開発したZ世代に聞いた』は、そんな「若き天才」たちに注目していく(全6回)。

1回目:「『デジタル人材がいない』は言い訳だ」デジタル庁の官僚がDXブームに怒る理由

「『デジタル人材がいない』は言い訳だ」──。大胆にもそう訴えるデジタル庁 統括官で、国民向けサービスグループのグループ長を務める村上敬亮氏に、日本のDX(デジタルトランスフォーメーション)の現状、若者たちへの想いを聞いた。

2回目:「自分の声が嫌いだった」20歳の大学生社長 月間ユーザー数20万人超のAI音声合成を生み出すまで

「もともと自分の声が嫌いだった」──。大ヒットしたAI音声合成サービス「CoeFont STUDIO(コエフォント・スタジオ)」「CoeFont CLOUD(コエフォント・クラウド)」を手がける株式会社Yellston 代表取締役社長 早川尚吾さんの人生に迫った。

3回目:「今年中に起業したい」投資家ら絶賛 19歳の現役高専生が手がけた打音検査AIの裏話

「準備ができたら、今年中に起業しようと思っている」──。投資家たちに企業評価額は6億円、投資額は1億円とされた打音検査システム「D-ON(ディーオン)」を手がける19歳の現役高専生 前川蒼さん、指導教員の村田知也先生に開発裏話と今後を聞いた。



4回目:「将来はMITやスタンフォードに行きたい」小6でアプリ開発 IT企業でインターン生として働く中学3年の大きな原動力

「将来はマサチューセッツ工科大学(MIT)やスタンフォード大学に行きたい」──。東京にあるWebシステム開発会社のサイバーウェーブ株式会社でインターン生として働く14歳の現役中学生 岡村有紗さん、母の多喜子さんに話を聞いた。

5回目〜6回目

coming soon……