GitHub、自然言語をプログラミング言語に翻訳するAI支援ツール「GitHub Copilot」を一般提供開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

米GitHub社は6月22日から、自然言語をコンピューターが理解できるプログラミング言語に翻訳するAI(人工知能)コーディング支援ツール「GitHub Copilot」の一般提供を開始した。価格は月額10米ドルまたは年額100米ドルで、学生や人気のあるオープンソースプロジェクトのメンテナーは無料で利用可能。

関連記事
マイクロソフト、AIが自然言語をプログラミング言語に翻訳するツールを一般提供開始

GitHub Copilotはリアルタイムでコードを提案し、プログラミングを要する作業の中で最も重要な「優れたソフトウェアの開発」に集中できるよう支援するツール。同社はGitHub Copilotを開発の邪魔にならないエディター拡張機能として設計した。

エディターにコードやコメントを入力すると、GitHub Copilotが次の行を提案する。1つの単語や一行のコードだけではなく、完全なメソッドやボイラープレートコード、単体テスト全体、複雑なアルゴリズムを提案できる。

GitHubCopilotの特徴


GitHub Copilot公式サイトより

  • AIベースのコーディング提案
  • プロジェクトのコンテキストとスタイル規則に一致するさまざまなコードを提案し、それらを受け入れる、拒否する、または編集するのかを自分で決定できる。

  • 好みの環境で利用
  • GitHub CopilotはNeovim、JetBrains IDEs、Visual Studio、Visual Studio Codeなどの人気のエディターと統合しているため、好みの開発環境の拡張機能として利用できる。

  • 慣れない領域でもコーディング可能
  • 新しい言語でのコーディングや新しいことに挑戦する場合、GitHub Copilotが数十の言語の構文とコードを提案するので、実際にやってみることでより多くの時間を学習に費やせる。

同社は、「過去12か月の間に、120万人以上の開発者がテクニカルプレビューに参加し、GitHub Copilotを使い始めた人たちはすぐに、日々のワークフローに欠かせない存在になったと言ってくれました。GitHub Copilotが有効なファイルでは、コードの40%近くがPythonなどの一般的な言語で書かれており、今後も増えることが予想されます。その結果、開発者はより大きな問題を解決し、より優れたソフトウェアをつくることに集中できる時間が増えるでしょう」と述べている。

>>ニュースリリース