Pythonが2位を維持、GitHubの人気プログラミング言語ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

米GitHubは現地時間12月2日、公式ブログにおいて、年次レポート「State of the Octoverse」を公表した。

年間トップ言語のランキングは、1位が「JavaScript」、2位は「Python」、3位は「Java」、4位は「TypeScript」、5位は「C#」、6位は「PHP」、7位は「C++」、8位は「C」、9位は「Shell」、10位は「Ruby」の順となった。

これまでの同ランキングでは「Python」が2014年は4位、2018年までは3位。2019年は人気言語だった「Java」を抜き、2位になったことが話題になった。今回は2019年同様、「Python」が2位を維持した形だ。

>>公式ブログ(英語)

Pythonを学べるサイトやコンテンツは?

なお、Ledge.ai編集部では、Pythonについて、機械学習に用いられる理由やおすすめのサイト・コンテンツなどを解説している。気になる人は、以下の記事をチェックしてほしい。