新型コロナ1月20日まで陽性者数7722人 死亡者数は28人 GoogleのAI予測

このエントリーをはてなブックマークに追加

「COVID-19感染予測(日本版)」より

東京都や大阪府ほかで新型コロナウイルスの変異ウイルス「オミクロン株」の市内感染が確認される一方で、年末年始の忘年会や新年会などで人々の行動が緩み、感染拡大が懸念されている。

米Google(グーグル)が提供するAI(人工知能)を活用した新型コロナウイルスの感染予測サービス「COVID-19感染予測(日本版)」では、2021年12月24日から2022年1月20日の4週間にかけて、日本全国での陽性者数は7722人、死亡者数は28人と予測される。

「COVID-19感染予測(日本版)」より

日本全国での日別陽性者数の推移を見ると、1月1日には215人、1月10日には211人、1月20日には553人と推移する。

「COVID-19感染予測(日本版)」より

日本全国での日別入院・療養等患者数の推移に目を向けると、1月1日には1917人、1月10日には2312人、1月20日には3297人と増加すると予測している。

本感染予測サービスにおける東京都と大阪府の陽性者数および死亡者数の予測(対象期間中の新規件数予測/総計)は以下のとおり。

  • 東京都:陽性者数 2789人、死亡者数 1人
  • 大阪府:陽性者数 1075人、死亡者数 2人

「COVID-19感染予測(日本版)」より