知識がなくてもAIが作成できる時代へ。Google、Cloud AutoMLとは

このエントリーをはてなブックマークに追加

以前から「AIがAIを自動で再構築する」と話題になっていたAutoMLですが、Googleは1月17日、その技術をだれでも使えるプラットフォーム「Cloud Auto ML」として発表しました。

AI作成に専門的知識もコーディングもいらない!?

その第一弾として発表されたのが、画像認識AIを自動で作成できる「Cloud AutoML Vision」です。AutoMLの技術を使用し、ユーザーが判別したい画像をより精確に識別するAI作成が、自動でできるようになりました。

たとえば、これまで画像認識APIをつかう場合、「Cloud Vision API」などを使うのが選択肢のひとつでした。ただし、こちらはカスタマイズができないので、認識できるのは一般的な物体のみ。
ユーザーは雲の画像を判別させても、雲の具体的な種類までは判別できませんでした。

それが、「Cloud AutoML Vision」により、ユーザーがもつ雲の学習データを使い、「入道雲(Comulonimbus)といった雲の種類まで判別できるモデルを作れるようになった」のが今回の発表。
つまり、特定の分野・業界に特化した、より詳細な画像認識AIをつくれるということですね。

使い方はかんたん。ドラックアンドドロップでモデル作成

ユーザーは、以下のステップで画像認識AIを作成することができます。

  • 学習データをCloud AutoMLにアップロード
  • 学習ボタンを押すと学習開始
  • 作成した学習済みAIはCloud AutoML上でREST API化することも可能

専門的なマシンラーニングの知識やコーディングの知識がなくても、オリジナルAIを作成することができます。

さらに、アップロードする画像に関しては、最低10枚だけでも可能だとか。通常、大量の学習データを用意しないといけないで、ユーザーにとっては、扱いやすいですね。

現在、「Cloud AutoML Vision」は、アルファテスト版が公開されており、テスト参加者を募集しています。

専門的知識がなくてもAIを作れる時代が来る

これまでは、学習モデルを構築するには、マシンラーニング、ディープラーニングに関する専門的知識が必要不可欠でした。そのため、AI構築のための人手不足だったり企業間での人材格差が起きているのが現状。

この問題を解決するために、発表されたのが今回の「Cloud AutoML」とのことです。Google Cloudは今後も、AIの民主化を目指したサービスを出していくそうです。

「どうやってAIを作るかよりも、いかに活用するか」を考えるべきなのかもしれませんね。

続報が楽しみです。