ニューノーマル時代にこそオフィスの可視化が必要に! 安心・安全なワークスペースを生み出すIoT活用最前線

このエントリーをはてなブックマークに追加


世界規模で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が広がるなか、自宅でのテレワークからオフィスへの出社を許可する企業が増えつつあり、物理的な感染症対策も含めた新たなワークスペースづくりに取り組む企業もある。先進的な企業では、センサーなどを用いて空間の可視化を進めるといった取り組みによって、効率的に感染症対策を実現しているところも。そんな環境づくりに興味を持っている企業は少なくないが、現実的にどこから手を付けていいのか悩んでいる方もいるはずだ。

そこで今回は、ニューノーマル時代に役立つセンサー活用の第一歩として、簡単IoTソリューションの実力について見ていきたい。

1.急ピッチで進められているアナログな感染症対策
2.現場の可視化に向けて注目されるAI/IoT技術
3.可視化するには大変だが、とにかくスタートすることが重要
4.第一歩を踏み出すための簡単IoTソリューション「Gravio」
5.Gravioの導入手順
6.センサーを有効活用している事例