エンジニア254人 転職時に「仕事内容の詳細教えてほしい」が約57%

このエントリーをはてなブックマークに追加

画像はUnsplashより

株式会社groovesと株式会社HERPがITエンジニア254名を対象に実施した転職先決定要因に関する調査「エンジニア254人に聞いた 入社の決め手になる、本当に重要な情報とは?」では、企業や人事担当にとくに求めることは「仕事内容について詳細に教えてほしい」が57.1%で最多だとわかった。

転職時に重視した観点で「収入・待遇」(51.2%)に次いで多かったのは「開発技術・開発環境」(37.0%)だった。「自身の成長可能性」や「プロダクトの魅力」も上位に入っており、会社の規模や知名度にとらわれずにさまざまな視点から転職先を検討していることがわかった。

転職時に最も有効であった情報収集手段は、「現場の従業員との会話(面接含む)」(21.9%)が最多だった。「経営者・役員との会話(面接含む)」(10.8%)や「人事担当とのやりとり」(7.4%)なども挙がっており、選考の過程で直接聞けた一次情報を大事にしていると考えられる。

企業や人事担当にとくに求めることは「仕事内容について詳細に教えてほしい」(57.1%)が最多。ほかには「一緒に働く現場のメンバーと話す機会がほしい」(51.6%)の回答が多かったことから、入社後のミスマッチが起こらないようにより具体的かつ正確な情報を求めていると考察できる。

概要は以下のとおり。

  • 名称:エンジニア254人に聞いた 入社の決め手になる、本当に重要な情報とは?
  • 調査方法:Webアンケート
  • 調査期間:2021年8月3日〜8月10日
  • 調査対象:ITエンジニアキャリア支援「Forkwell(フォークウェル)」の登録者
  • 有効回答数:254名

>>ニュースリリース