大阪ガス、AIで地中の埋設管を検知 作業員より10%以上高い精度

このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪ガス株式会社は9月29日、株式会社HACARUS(ハカルス)と共同で、地中の埋設管位置を自動で判定可能な「AI自動判定ソフトウェア」を開発したと発表した。本ソフトウェアにおける埋設管位置の検出率は89%で、現場作業員の平均と比較して10%以上高い判定精度を達成したという。

本ソフトウェアには、ハカルスが強みとする少データ・省電力で解析可能なAI技術を活用し、クラウド通信が不要なエッジ端末として組み込まれている。大阪ガスでは、日本信号株式会社を通じて本ソフトウェアを10月に発売する。

熟練技術者のノウハウをAI化することで、これまでは難しかった地中の埋設管の調査をより早く、効率的に誰でもできるようになるという。

AI自動判定ソフトウェア

ガス工事で道路を掘削する際には、ガス管、水道管、電力・通信ケーブルなど、地中の埋設物を破損しないよう注意して作業を進める必要がある。大阪ガスではこれらの位置を特定するために地中レーダーを使用している。

地中レーダーは埋設物からのレーダー波の反射を捉えて位置を推定するが、配管状況や土壌によっては判定が難しいケースもあり、正確な位置把握には熟練技術が必要だった。

今回開発したソフトウェアは熟練の技術がなくても、AIで埋設管位置を正確に判定できる。本ソフトウェアにおける埋設管位置の検出率は89%で、現場作業員の平均と比較して10%以上高い判定精度を達成したという。

ハカルスの検査関連サービス「HACARUS Check」の特徴

  • スパースモデリング技術を活用しており、ディープラーニングで必要とされる大量の教師データが不要。
  • 高性能な演算装置が不要で軽量なAIのため、エッジ端末(既存のデータ収集デバイス)に搭載可能。
  • 今ある設備やオペレーションをなるべく維持しながら、AIを活用した匠の技やノウハウの継承が可能。

>>ニュースリリース「世界初、地中埋設管の位置をAIで判定する地中レーダー用ソフトウェアの販売を開始」

>>ニュースリリース「大阪ガス × HACARUS(ハカルス) 『AI自動判定ソフトウェア』を共同開発、10月より販売を開始」