犬の肉球から心電図データを取得 1分程度で結果を確認できる

このエントリーをはてなブックマークに追加

画像は写真ACより

株式会社HACARUSとDSファーマアニマルヘルス株式会社は6月9日から、動物の肉球(足の裏)から心電図データを取得・可視化する装置およびAIシステムにおける試用モニターの公募を開始した。対象は動物病院で、動物は犬限定とする。

両社によると、心臓病は犬の死因第2位であり、健康診断や日常診療において早期発見が望まれる疾患。しかし、早期発見につながる定期健康診断は、飼い主が経済面やペットの身体的な拘束(従来は動物を横向きに倒した状態で身体に電極をつけて測定する)などを理由に望まないケースが散見されるという。従来とは異なるアプローチで手軽にペットの心臓の健康を見守ることが求められていたとする。

今回、両社が開発した装置は「簡単に心電を測定可能な装置」と「心電データをAIが解析するシステム」を掛け合わせることで、AIを活用した「心臓に異常がある可能性解析」と「心拍数測定」を可能にする。特別な技術がなくても使用可能なため、動物病院への導入ハードルが低いという。

本装置は特殊な電極により、肉球から心電図データを取得することに成功した。動物を押さえつける必要がないため、犬はシートの上に立つだけでストレスを感じることなく心電を測定可能になった。

日本獣医循環器学会の動物循環器認定医の疾患情報と心電データにもとづく診断を学習したAIが心電を解析・判定するため、信頼度の高い解析結果を確認できるという。測定時間は1分程度で、解析結果は4段階ですぐに表示される。

本装置は動物病院には「手軽に心臓のヘルスチェックができること」、飼い主には「ペットにストレスをかけずに心臓のヘルスチェックができること」、犬には「非侵襲でストレスなく、心臓のヘルスチェックができること」と、それぞれにとってのメリットが挙げられるという。

>>ニュースリリース