博報堂DYグループ、AIで低画質映像を高解像度に改善する「H-AI UpRes」を提供開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社博報堂DYメディアパートナーズは6月16日、AI(人工知能)とXR(VRやARなどの総称)領域に強みを持つイスラエルのスタートアップ企業AUGMIND(オーグマインド)社と共同開発したAI技術を活⽤し、低画質映像を高解像度にアップグレードするサービス「H-AI UpRes(エイチ・エーアイ・アップレゾ)」の提供を開始した。

昨今、5GやSVOD(定額制動画配信)の普及で高画質の動画コンテンツの需要が増加し、企業の過去の映像コンテンツにも注目が集まっている。しかし、過去の価値のある映像が低解像度やデータの劣化により、その価値を発揮できないといった課題を持つ企業も多い。また、高画質にするためのAIによる映像処理は高いコストがかかるという課題もあった。

本サービスは、AI技術で低画質の映像を高解像度化(アップレゾ)するサービスで、TV番組やCM・映画・アニメ・NFT動画などの幅広い映像コンテンツに対応している。AIの機械学習で映像を分析し、劣化補正や色彩補正をかけた上で高解像度化する。コンテンツごとにカスタマイズされたAIアルゴリズムの自動修正や、映像クリエイティブの審美眼を持ったAUGMINDの専属クリエイターがポスト・プロダクションで低画質の映像を修正をすることで、最適化されたアウトプットを実現できる。

価値のある映像を保有するメディアやIP(知的財産)ホルダーなどのコンテンツ企業をサポートし、クライアント企業との実証実験も開始する予定だ。

H-AI UpResの特徴

低画質・低ビットレート(720pや2Kテレシネ画質)で保存されたアーカイブを、高画質・高ビットレート(4K画質)に安価にコンバートできる。また、デジタルノイズやフィルムのダスト、スクラッチなども除去可能で、フレームレート(コマ数)の追加変換にも対応している。

ソフトウェアで簡易的に画素数を高めるのではなく、コンテンツごとにAUGMINDの専属クリエイターがアルゴリズムをカスタマイズして作成、ポスト・プロダクションまで実施し、IPホルダーのニーズに対応した仕上がりを提供する。

>>ニュースリリース