博報堂がLaboro .AIと業務提携 開発や労務管理でのAIソリューション提供も見込む

このエントリーをはてなブックマークに追加

8月3日、株式会社博報堂はクライアント企業のDXによる事業成長を支援することを目的として、株式会社Laboro.AIの株式取得による資本業務提携を結んだことを発表した。

博報堂は、これまでマーケティング課題の発見から解決までワンストップのソリューションを提供することでクライアントの事業成長を支援してきた。

一方、Laboro.AIはAI領域で高い専門性を持つ企業で、オーダーメイドのAIソリューション「カスタムAI」の開発、カスタムAI導入のためのコンサルティングが主な事業だ。「AI技術×ビジネス現場の理解」を武器に、クライアント企業の課題解決や新規事業開発など、バリューチェーン全域に渡るビジネス変革を支援してきた。

両社は提携にともなって、クライアント企業が抱えるマーケティング課題に対して、「オーダーメイドでのAIソリューション」を提供するチームを組成する。

博報堂のマーケティング知見と、Laboro.AIのAI対応力を組み合わせ、マーケティング課題のソリューション提供に加えて、AIを用いた課題の発見・設定・解決プランの提案、各企業のニーズにあったAIの開発・ビジネス実装・運用までを一貫して対応できるようになるという。     
            
今後はマーケティング支援のほかにも、製品の製造や販売、それを支える開発や労務管理などバリューチェーン全般でのオーダーメイドAIの提供も行っていく予定だ。例としては、「需要予測による生産計画支援」、「VOC分析に基づく新商品開発支援」、「AIカメラによる顧客行動解析」などが挙げられる。

>>ニュースリリース