通行者が大幅に減った週末の原宿、新型コロナでの自粛をAIが見る

このエントリーをはてなブックマークに追加


Intelligence Design株式会社は4月8日、同社が保有する通行量調査結果において、原宿/明治神宮前エリアでの通行者数を公開した。

調査結果は、Intelligence Designの通行量調査サービス「IDEA counter」を導入している明治通り沿いにあるビルでのデータを使っている。発表されたのは、2020年3月18日から2020年4月6日までの期間に計測されたものだ。参考値として2月の通行者数と比較されている。

>> プレスリリース

外出自粛要請後の週末の原宿での通行者は約90%減

原宿/明治神宮前エリアでの1日あたり通行者数【人/日】


【PR】
sponsored by 株式会社 TACT

原宿/明治神宮前エリアでの外出率【%】(通常時の通行者数との比較)

Intelligence Design株式会社の調査結果によれば、小池百合子知事による外出自粛要請後の原宿における週末1日あたりの通行者数は、2月の通行者と比較して10%台まで減少した。

参考値である2月の原宿での週末の通行者数は約2万2000人だった。また、3月の外出自粛要請が出る前の3月20日~22日では約1万2700人だった。それに対し、外出自粛要請が出た後の3月28日、29日の通行者数は約2600人にまで減少した。くわえて、4月4日、5日では約3200人の通行者だった。
※3月29日の減少は降雪の影響も含まれている

通行者が減ったのは週末だけではない。外出自粛要請後、平日1日あたりの通行者数は、2月と比較すると約50%減少している。

2月の原宿での平日の通行者数は約1万8000人で、外出自粛要請が出る前の3月における通行者数は1万2800人。一方、外出自粛要請後の平日では、通行者数は約8600人になっている。

調査概要
調査期間:2020年3月18日~2020年4月6日
調査エリア:原宿/明治神宮前(明治通り沿い)
調査データ概要:
「IDEA counter」にて匿名化処理して通行者をカウントする。
※撮影条件次第では人数カウントができていないこともある
情報の取り扱い:
エッジCPUで画像処理をして、サーバーには個人情報を保存しない機構になっている。そのため、個人の顔画像などを保存せず、個人を特定できないサービスだ。

>> プレスリリース
>> IDEAcounter製品サイト

数千人を瞬時にカウントできる技術をキヤノンが開発

Intelligence Design株式会社の通行量調査のように、人数を計測するAIを使ったサービスを提供する会社が増えつつある。

2019年12月には、キヤノンがディープラーニング(深層学習)を用いて、ネットワークカメラで撮影した映像から、数千人規模の群衆人数をリアルタイムにカウントする映像解析技術を開発したと発表している。

キヤノンが開発した技術では、約6000人を数秒でカウントした。実際に人間が確認した人数と、AIを活用した技術での誤差は5%以内に収まっている。

画像はキヤノンの発表当時のプレスリリースより

キヤノンが開発した技術は、映像から人の頭部を検出することで、人が密集している状況でも人数をカウントする。また、指定した領域の中にいる人数の表示や、推移のグラフ表示も可能だ。そのため、混雑状況の把握や分析に活用できるとされる。

さらに、対応できる画角が広いため、カメラ設置場所の自由度が高いのも特徴。くわえて、GPUを搭載していないPCでも動作可能なため、設置や運用コストを抑制できる。