月収20万円は偏差値44.57、給与偏差値がわかるAI活用の求人サイトを試した

このエントリーをはてなブックマークに追加

画像は「HelloWork+」のトップページよりキャプチャ

現在の自分の給与偏差値がすぐにわかるサイトがある。

株式会社Glovalと株式会社1st Classが8月31日から提供開始した、採用・転職市場で成功を収めるために必要とうたう、人工知能(AI)による求人データ・分析サイト「HelloWork+」だ。

現時点では、「HelloWork+」はハローワーク求人のビッグデータ解析をもとに、「現在の自分の給与偏差値」「検討している企業の給与偏差値」などがわかるサービスを提供している。同サイトによると、「全国/フルタイム」においては、給与偏差値50は月給23.5万円に当たるという(2020年9月7日現在)。

今回はそんな同サイトでさまざまな数字を入力してみた。

「HelloWork+」よりキャプチャ

私が試しに「200000円(20万円)」と入力すると、給与偏差値は44.57。「下位30.85%に位置する給与です。悪い方の給与なので、これより良い求人は多数存在します」とアドバイスしてくれた。なお、自分の月収偏差値を調べるには、賞与/変動手当/非固定残業代を除いた数字を入力する必要がある。

「HelloWork+」よりキャプチャ

一方で、「300000円(30万円)」と入力すると、給与偏差値は59.88。「上位15.87%に位置する給与です。これ以上の条件の求人は競争が厳しいです」と教えてくれた。

「HelloWork+」よりキャプチャ

また、Benesseのマナビジョンに掲載される「年収ランキング」(※)では、1位の医師は月収95万2000円。「HelloWork+」に「952000円」と入力すると、給与偏差値は159.72。「上位0.13%以上に位置する給与です。これ以上の条件の求人は極めて稀です」と表示された。

※厚生労働省「平成29年賃金構造基本統計調査」のデータをもとにマナビジョンが作成。10人以上の事業所の大卒以上の男女が対象で、平均給与額は残業手当なども含む「きまって支給する現金給与額」から算出したとしている。

Glovalによると、ハローワークは日本でもっともリアルタイム求人を保有している国管轄データベースという。ただし、公式サイトは検索がしづらいため、今回のサービスを開発したとしている。給与など気になるデータベースを分析し、転職の際に活用できるように偏差値として表したとのこと。

「給与偏差値」と言うと、少し残酷な印象を持つ人もいるかもしれないが、現在の年収が世の中のなかでどれほどのランクに位置しているか把握してから、転職の有無を決められるという意味では、きわめて便利なサイトと言えるだろう。興味のある人は同サイトをチェックしてみては?

>>ニュースリリース

AIが「年収を上げる食事」を提案、仕事内容や生活習慣などを分析

「AI×収入分析」の取り組みと言えば、株式会社シグナルトークが1月29日に公式スタートした、AIが年収を上げる食事をアドバイスするサービス「WorkUp AI(ワークアップAI)」にも注目してほしい。

ワークアップAIは、専用アプリをPCにインストールするだけで、カメラやキーボードタッチなどを通して、PC業務のワークパフォーマンスを自動計測。AIが独自のメソッドにより、パフォーマンス向上に必要な栄養素を含む食生活をアドバイスするというものだ。

ワークアップAIは、専用アプリをPCにインストールするだけで、カメラやキーボードタッチなどを通して、PC業務のワークパフォーマンスを自動計測。AIが独自のメソッドにより、パフォーマンス向上に必要な栄養素を含む食生活をアドバイスする。

同AIは、5000名以上のデータと、食事と生活習慣についての50万通りの組み合わせデータを用い、ディープラーニングと統計学的解析手法を駆使して、生涯収入の向上につながる食生活や生活習慣の改善方法である「メソッド」をAIが提案する。さらに、各メソッドを取り入れた場合、生涯収入にどの程度影響するのかを具体的な金額で算出してくれる。