日立、ロボット新興Kyoto Roboticsを子会社化「大変うれしい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社日立製作所は4月8日、4月1日付けで知能ロボットシステム開発のスタートアップ企業であるKyoto Robotics(キョウトロボティクス)株式会社の全発行済株式総数の約96%を取得し、子会社化したと発表。日立製作所 執行役常務 産業・流通ビジネスユニットCEOの森田和信氏は「今回、Kyoto Roboticsを日立グループに迎えることができ、大変うれしく思います」と話している。

これまで日立グループでは、2019年に日立がアメリカのJRオートメーション社、株式会社日立産機システムが日本の株式会社ケーイーシーを買収してきた。日立は今回の取り組みにより、高度な知能ロボットシステムの技術・ノウハウを獲得し、日立グループが提供するロボットSIの高付加価値化が図るという。

具体的には、日立は物流センターにおいて、入出荷時のデパレタイズとパレタイズの自動化にKyoto Roboticsの知能ロボットシステムを適用したロボットSIを提供。株式会社日立インダストリアルプロダクツ製の小型無人搬送ロボット「Racrew」や、搬送設備も含めて自動化ラインをトータルで提供する。

これらを倉庫制御システム(WCS)や倉庫管理システム(WMS)と連係させることで、プロダクト、OT、ITを組み合わせた、現場から経営までがつながる物流センターの高度化サービスも手がけられる。FA向けには日立グループが提供するロボットSIに、Kyoto Roboticsの知能ロボットシステムを組み合わせた自動化ラインを提供していく。

日立製作所 執行役常務 産業・流通ビジネスユニットCEOの森田和信氏は「今回、Kyoto Roboticsを日立グループに迎えることができ、大変うれしく思います。ウィズ・アフターコロナのニューノーマル時代において、ロジスティクス・製造現場の自動化を推進するうえでキーとなるKyoto Roboticsが持つ知能ロボットシステムの高度な技術・ノウハウを獲得することは重要なマイルストーンです」と話す。

同氏は続けて「今後、日立が持つプロダクト、OT、ITと先進のデジタル技術を活用したLumada、さらにはKyoto Roboticsの知能ロボットシステムも含めたロボットSIを組み合わせ、サイバー空間とリアル空間をつなぐことで、お客さまの課題解決と経営視点で事業価値の最大化と、社会・環境・経済価値の向上に貢献していきます」と述べた。

Kyoto Robotics 代表取締役社長の徐剛氏は「今回、Kyoto Roboticsが日立グループの一員になることができ、さらなる顧客満足に向けた事業成長の条件が整えられたことは、大変喜ばしく思います。Kyoto Roboticsは立命館大学発ベンチャーとして生まれ、3次元ビジョン、ロボットビジョン、ロボットコントロールの技術開発で常に世界最先端を走ってきました。これまでロボット大賞やロジスティクス大賞などを受賞するとともに、J-Startup企業に認定されました。一方、3次元ビジョンセンサ・知能ピッキングコントローラはロボットSIによってロボットシステムに組み込まれて初めて顧客価値を生みます」とコメント。

同氏は続けて「このたび、ロボットSI事業に注力する日立グループの一員になることによって、Kyoto Robotics単独では実現が難しい、多数の顧客にこれらの技術をお届けすることが可能となります。また、日本においてはまだめずらしい、大企業によるベンチャー企業の買収の先例となり、わが国のオープンイノベーションの一層の促進に貢献できることを期待したいと思います」と語っている。

>>ニュースリリース

日立、独自のAI倫理原則を策定「人間中心の社会を構築する」

日立はAIなどの最新技術を積極的に活用している日本企業のひとつと言える。

日立は2月22日には、社会イノベーション事業において、人間中心のAIを開発・社会実装するために「AI倫理原則」を策定したと発表。本AI倫理原則は「行動規準」と、安全性や公平性、プライバシー保護などの観点で定めた「実践項目」で構成される。

そのほか、詳細は以下の記事をチェックしてほしい。